_ 公務員試験の面接官は予備校に通っている受験生が嫌い? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接官は予備校に通っている受験生が嫌い?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接では、「予備校に通っている」ことはあまり言わない方が良いということを聞いたことがあります。予備校に通っている人なんてざらにいると思いますし、それは当然面接官も知っているでしょう。ただ、それをいざ口に出されると、あまり印象が良くないと考えている人もいるようです。それはどうしてか?という、あくまでも推測になってしまいますが、本音を聞き出せないからかもしれません。

予備校に通っているということは、当然面接対策もびっちりやってきたと思うでしょう。そこで面接対策って何でしょうか?面接に関する礼儀、作法から始まり、答え方、答える内容にまで踏み込んで教えているケースもあると思います。つまり、予備校によって、ある程度受験生の答える内容が限定されてしまう。きっちり面接対策をしてきた受験生ほど、いわゆるテンプレ回答になる可能性が高く、受験生の本音を聞けないのです。

別に予備校に通っていなくても面接対策をきっちりしている人はたくさんいると思います。回答がテンプレ化しているというのは、別に予備校に通っている人だけじゃなくて、多くの人がそうなっていると思います。でも、それって面接って採用試験の特性上仕方ないでしょう。そもそも何が正解か?分からないのだから、テンプレ(多くの人が推奨している回答)に頼る心理が生まれてしまうのは当然です。それが嫌なら面接を止めるしかないです。

ただ、面接で「予備校通ってた?」と聞かれることはあっても、「面接対策本でみっちり対策した?」とは聞かれないでしょう。だから、予備校に通っていることだけを特に気にする面接官はいるということでしょう。特に既卒の人は卒業後に何をしていたか?それを聞かれたときに「勉強はどうやって?1人で?それとも予備校に通って?」って感じで、何気なく聞かれることがあります。そのときには注意したいところです。

面接で嘘をつくことになりますが、少なくとも予備校に通っていたと答えるよりは通ってないと答えた方が良いのかもしれません。予備校に通っていたと答えると、どうもテンプレ回答しかしてこない受験生だなと判断する面接官が中にはいるかもしれません。ただ、面接官の頭の中は分からないですから、全員がそういう考えというわけではないでしょうし、そもそもこういう風に思う面接官がいるか?どうかも分かりません。私はこの意見を肯定もしないでえすが、否定もしないです。そういう懸念を指摘していた人もいるということは可能性としてはありえるということでしょうかから。面接官の印象でほぼ合否が分かれる面接ですから、印象を悪くさせない配慮は必要ということでしょうね。


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事