_ 公務員試験の勉強法は過去問を使って暗記のみ!理解は不要! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の勉強法は過去問を使って暗記のみ!理解は不要!

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の勉強は良い意味でいい加減に行うことが大切かもしれません。そうしないと、数十科目もある勉強はとても終わらないからです。中には丁寧にレジュメや参考書とにらめっこしながら勉強している人もいるかもしれませんが、それは場合によっては非効率だったりします。中にはそういうことを必要とする科目もあるかもしれません。しかし、多くの場合はそこまでやるのは時間がもったいない場合もあると思うのです。

公務員試験では「広く浅く」ということを言われます。1つの科目に1つの分野に注力するのではなく、1つでも多くの科目を、分野を回していく方が結果的な点数は上がりやすいということを意味しているのでしょう。公務員試験の勉強を何のために行っているのか?というと、専門的な知識を身につけるための行っているものではないですよね。

はっきり言っちゃえば、「試験をパスするため」だけです。それしか今のところの価値はないと思います。全部が全部じゃないにせよ、学んだことをもとにして、仕事をするわけではありません。弁護士とかプロフェッショナルとは違うのです。つまり、法律科目を勉強するときには特にそうかもしれませんが、理屈まで覚える必要はないと思うんですよね。何でそうなるのか?ということは私は一切考えませんでした。結論のみです。それは公務員試験では、理屈の部分はほぼ問われないからです。問われない部分を覚えてもしょうがない。というシンプルな理由です。

実は公務員試験必勝倶楽部の吉井英二氏も「『付け焼刃の勉強方法』について。 」という記事で、「『真の実力をつけるため』ではなく、あくまでも『試験をパスするため』という目的に限定するなら、検討の余地はあります(中略)鳥の記憶力のような、『正確に画像処理』していくイメージで、『丸暗記』していく。」としています。私が言っているのは吉井氏の言っていることとはやや違うかもしれませんが、公務員試験に合格するための最善な道のりは何か?と考えると、案外付け焼刃的な勉強方法かもしれません。大学受験みたいに3科目程度で済むなら、そりゃ1科目に1つの分野に膨大な時間をかけてもなんとかなりますが、公務員試験は事情が違うのです。

理解をするのではなく、覚える。理屈はいくら覚えてもまず出ない。ということを確認する必要があるかもしれません。理屈を覚えないと、結論も覚えられないよー!という人もいるかもしれません。その人は結論が覚えられないのなら、意味がないので、それは理屈も覚えていく必要があるかもしれません。ただ、おすすめの勉強方法はとにかく問題を解きながら、理屈は最小限、または無視しても案外大丈夫だと思います。結論だけ覚える。参考書などに頼る人は理屈が分からないから、そこを知りたいと思っていると推測しますが、そこを理解してもほとんど出ないわけですからね。使わないと暗記できない人以外は得点に結びつく可能性は低いかと思います。

例えば、「裁判官は手厚い身分保障がされている」その理由は?といっても、その理由の部分は問われませんから。裁判官の身分保障の態様についてだけ覚えれば良いのです。あくまでも筆記試験の択一試験に限っては、そういうところを突き詰めても効果は薄いということです。だから、基本的には教材は過去問だけ使っていれば良いと思います。時間的にロスをしないで、できるだけ多くの科目、分野を回すというのが大切ですから。ただ、専門記述とかになると、理屈を書かないといけない部分もありますから、東京都庁とか、国税専門官とか、裁判所一般職を併願して、かつ志望度が高い場合には、ある程度頻出部分などは理屈も併せてやっていかないといけない部分も出てくると思います。
関連記事