_ 公務員試験の予備校選びの際には休憩室をチェックすべし! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の予備校選びの際には休憩室をチェックすべし!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


予備校には通常であれば、休憩室というものがあります。休憩室というのは、その名の通り休憩をする空間であり、そこまで広くない場合もありますが、自動販売機やイスと机が用意されており、リラックスできるスペースが確保されています。ここではあくまでも食事をしたり、リラックスするためのスペースですから、勉強はしないでほしいと言われているところもあります。

自習をする場合には、あらかじめ決められた自習室があるので、そちらを利用してほしいと思います。休憩室は自習室同様、基本的には非常に静かで、予備校の建物の角の方に設置されていることもあって、そういうところは外の景色を見ながらお昼の時間にお弁当を食べたりできて、私は非常に優雅な気分を味わえました(笑)

普段の授業の際には、お昼時間には多少人が集まってきやすく、それ以外の時間帯は割と空いています。自動販売機の飲み物を買いにくる人がたまにいるくらいで、休憩室の常駐している人はあまりいません。したがって、時間を選べば、本当に少人数でリラックスできる、昼寝もできるかもしれませんね(笑)

私は資格の学校TACの休憩室しか見たことがありませんが、他の予備校にも同様の休憩室が設置されているところが多いと思います。建物の中に複数個設置されているところも多く、予備校には勉強だけをしに行くというよりは、休憩室に入ってそこで過ごすのも、予備校の楽しみ方の1つになっていた気がします。

予備校のホームページを見ると、休憩室のことをアピールしていたり、写真が載っていたりしていたので、それだけ予備校自体も休憩室を受験生の方のために相当配慮しているということを如実に表すことだと思います。休憩室は静かな場合もありますが、受験生同士で話をしていたりする人もいます。教室、自習室などは基本的に私語禁止ですから、こういうリラックススペースで他の受験生と話せるのは貴重だと思います。

また、休憩室を利用して受験生同士で模擬面接などの面接対策とかをしている人もいますし、何気ない会話だけじゃなくて、勉強のことを真剣に語り合ったり、情報を交換したりしている人もいます。使い方は人ぞれぞれで、活用の仕方は多くあるということです。勉強ばかりで息が詰まるという人、受験生の仲間ができた場合には、その人たちと会話をする機会、その他いろいろな活用方法ができますから、休憩室は予備校の中でも非常に大きな存在になるでしょう。

休憩室の広さ、設備、清潔感などによって予備校の過ごし方、どれだけ有意義に利用できるか?も変わってきます。したがって、これから予備校を選ぼうとしている人は、事前に休憩室を実際に見てから、これはホームページに載っている場合にはそれを参考にしたり、それでよく分からない場合には、資料を請求したりして、詳しくチェックしてみましょう。


休憩室の綺麗さでいえば「資格の学校TAC」は非常に行き届いていると思います。イスと机の数も多いですし、自動販売機などの設備も多くあります。ちょっとしたときに寄れて、勉強の疲れから解放されるひとときを満喫できるのではないでしょうか?詳しいことについてはホームページ等をチェックしてみてください!
資格の学校TAC<公務員>各種コース開講

この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事