_ 公務員試験の面接で併願先は正直に話す?嘘をつく? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接で併願先は正直に話す?嘘をつく?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接では、多くの場合で併願状況というか、他にどこを受けている?ということを聞かれると思います。そもそも、公務員試験の面接で併願状況を聞く理由は何でしょうか?だいたいの試験種では事前に書く面接カード、履歴書などに併願先は書いているはずです。見れば分かるのに何で聞くんだろう?という話です。

例えば、面接対策本には併願先を聞かれた際には「全部を答える必要はありませんが、併願をしない人はいないのでここは正直さを見ています」と書いてあります。そうなると、併願先が面接官から見てもっともらしいか?嘘をついていないか?ということの確認なのかもしれません。嘘をつくという選択肢もありますけど、嘘をつく旨味というのもそこまでないかな?という気はします。

嘘をつくというのは、行政職以外も受けていて統一感がない場合とか、地方公務員の面接を受けていて、他には国家公務員の試験もも受けていて、そこと整合性がとれていないからとか、いろいろな不安から生じると思いますけど、基本的には正直に答えて問題ないと思いますけどね。併願先を聞いて、気になる点があれば面接官からさらに追加質問をされる場合があります。それに答えられれば問題ないはずですから。それに答えられないかもしれないから、不安と思っている人は、あえて嘘をつくとか、隠すという選択肢もなくはないですけど、できるだけこの程度の質問で嘘をつくリスクは背負わない方が良いと思います。

また、その際には「必ずここが第一志望です!と伝えましょう!」ということが書かれています。要するに、そこがここに対する志望度を測るためにこういった質問をしているのか?ともとれます。複数受けているのは当たり前でしょうし、それでもそこが第1志望なら、面接官の機嫌がよくなるというか、安心するということなのかもしれません。でも、これってなんかおかしい気もするのです。

だって、普通に考えたら「併願先」を聞いているのに、志望順位まで答える必要があるのか?私はそう思います。というのも、例えば面接対策本には「面接は言葉のキャッチボールが大切であり、聞かれていないことまでは話さない」と書いてあります。これはその通りだと私も思います。そうなれば、併願先を聞いてくる質問は併願先だけを答えれば良いような気もします。志望順位を答えさせる必要あるの?

実際、面接対策本に書いてあるように、第1志望です!ということを伝えないと評価が下がるのか?は分かりません。志望順位まで聞かれていないとはいえ、伝えてもそこまで不自然ではないと思うので、ここは面接対策本通りに志望順位まで答えていった方が良いのかもしれません。レギュラー的な答えは、併願先をある程度正直に答えて、それに付け加えて「ここが第一志望です!」と話す方が良いようです。面接官次第の部分も多いため、何が正解とも言えませんが、無難な回答はおそらくこうなるのでしょう。私はイマイチ腑に落ちないんですけどね(笑)


公務員試験の面接は一体どんな点が見られているのか?それを知ると、やはり合格を掴み取る可能性は上がるはずです。現役で面接官を務めていた方が実際に経験した面接から導き出す、公務員試験の面接で重要なポイントをアドバイスしてくれます。面接対策を進めるうえで、はっきりとした方向性が見える。こうすれば合格可能性が上がるんじゃないか?といった確信を得ながら、面接対策ができると思います。
公務員試験 現職採点官が教える!合格面接術 2015年度
関連記事