_ 特別区Ⅰ類の論文試験の文字数は多ければ多いほど良い? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

特別区Ⅰ類の論文試験の文字数は多ければ多いほど良い?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の論文試験は字数指定がありますね。確か1000~1500文字だったと思います。正確な表記を見ないと分かりませんが、もし「程度」という言葉がついていた場合は、この間の文字数じゃないといけないわけではないと思います。1000を少し下回っていたり、1500を少し上回っている程度のものであれば大丈夫でしょう。

ただし、「程度」という文字が含まれていなければ、この間の文字数で書いておくべきでしょう。ただ、多くの人が思っているのは文字数は1500を越えなければ、多ければ多いほど良いのか?というものです。これは採点者じゃないと何とも言えませんが、ほとんど関係ないように思います。

採点する人は、まずは規定の文字数かどうか?をチェックすると思います。特別区の場合は確か用紙にマス目が入っていたと思うので、それを見ればいちいち文字数を数えなくても、即座に規定の文字数に届いているか?規定の文字数を超えていないか?は割とすぐ分かるでしょう。

しかし、全部で1万人以上いる論文を見るだけでも大変なのに、内容をチェックしたうえでいちいち文字数までチェックするのでしょうか?足きりがあれば、それだけチェックする論文は減るでしょうけど。そもそも文字数が多いと何が良いんでしょう?って思います。同じ内容なら、簡潔にまとまっていた方が読む方としては良いんじゃないかな?と思います。

採点者じゃない以上、確実なアドバイスはできませんが、私の感性からすれば、自然に書いていくのがベストじゃないか?と思います。規定の文字数の範囲内に留まれば、自然に書いていった文字数で良いんじゃないか?と思います。1500文字ギリギリまで届かせるために、あと100文字書こうとか、不自然なことをすると、読む側とすれば終わりの部分を読んでいて、ちょっと違和感のある感じに受け取られるかもしれません。

結論としては、無理に文字数を増やす必要はないと思います。採点者の気持ちはちょっと読めませんけど、私が採点者なら同じ内容ならば、パッと見て、え文字数が少なくて簡潔に読みやすくまとまっている方を私なら評価するとは思います。個人的にはあまり気にしないで良いと思いますし、無理に文字数を増やすのはあまりおすすめできません。これは特別区だけじゃなくて、他の論文試験でも共通のことかな?とは思いますけど。


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事