_ 公務員試験の予備校TACに実際に通った人の口コミ、評判 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の予備校TACに実際に通った人の口コミ、評判

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


大手の公務員試験講座を開いている予備校「TAC」に通うか?どうか迷っている方もいるかと思います。そういった方に向けて、実際にTACを受講された方の声を集めて、感想や評判などを載せてみました。予備校を選ぶ際には是非参考にしてみてください。

・黒板に書く内容はあらかじめレジュメという形で配布されます。ですから、授業中にいちいち黒板の内容をノート等に書き写す必要が無く、せいぜい講師の人が話した重要な点くらいしか写す必要はありません。そのため、話がよく耳に入ってきますし、授業に本当に集中しやすい環境です。また、結構若い講師の人が多く、20代と思われる人も多いですから、とてもフレッシュな環境で楽しく勉強ができます。

・校舎の大きさは様々ですが、どこの校舎でも中は綺麗です。よく掃除が行き届いている印象で、清潔感はとても漂っています。清清しい気分で勉強ができると思います。また、TACでは担任の先生などがいつでも勉強などの相談に乗ってくれます。事前予約制の場合もありますが、先生と1対1で自分の悩んでいることなどを打ち明けて、その場で適切なアドバイスを貰って、自信を持ってその後の勉強に生かせるでしょう。

・受講するコースによっては、模擬面接や論文の添削に制限はありません。無制限です。しかも無料です。何回も練習を重ねていくうちにどんどん自信がついていきます。夜の遅い時間にお願いしても、嫌な顔をしないで付き合ってくれます。入会するのが遅かったときも、遅れを取り戻すために勉強方法のアドバイスなどを貰っていました。

・TACでは、他の予備校ではやっていないグループ学習、自主ゼミ(一部校舎に限定あり)を行ってくれます。これは講師が中心ではなく、受講生たちが中心で、彼らがグループを作り、主に論文試験の勉強について話し合ったり、あらかじめ書いてきた論文の原稿をお互い読みあって、批評をしたり、添削したりということを行っています。より多くの人からアドバイスが貰えると、予備校の中でライバルとも言える友達ができる環境が用意されているので、楽しい予備校生活になります!



どうでしょうか?一部の声ですが、予備校のTACの特徴や良いところを表してくれていると思います。それぞれの予備校にはそれぞれの特徴、良いところがあるはずです。それらを見極めて、最終的に自分が通う予備校を選んでみてください!予備校は多くの人にとっては1年以上通うところですし、志望大学を決めるのに近いかもしれません。こういった声を是非参考にしてみてください!
関連記事