_ 公務員試験の経営学、社会学、行政学は同時に勉強すべし! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の経営学、社会学、行政学は同時に勉強すべし!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の科目の科目の中にはシナジー効果が期待できる科目が多いです。ある科目で学んだ知識がそっくりそのまま他の科目でも生きるということです。それが特に顕著なのは経営学と社会学です。両方とも典型的な暗記科目です。この2つはある程度勉強の後半から始められる方が多いかもしれません。

別にそれでも構わないと思います。ただ、ある程度同時並行でやっていっても良いかもしれません。経営学と社会学で被っている範囲というのは4分の1から5分の1くらいですかね?特に社会学に関しては特別区を受験される方は勉強する方が多いと思いますが、特別区の試験日はかなり早いために、社会学についてはできるだけ早めにやっておいた方が、余裕を持って勉強できると思います。そして、それに合わせて経営学もやってくと良いでしょう。経営学も特別区で出ますし。

それに社会学は似たようなカタカナの名前が非常に多く出てきて、私自身、覚えるのにかなり苦労しました。何回やっても覚えられない人名とかが多くて、割と早めに始めるべき科目かな?と思います。社会学と経営学は行政学とも多少被っているので、行政学を始められるタイミングあたりで、あとの2科目も始めてみてはどうでしょうか?

被っている箇所が多い科目を同時並行で勉強すると、ほとんど同じ内容を短期間で繰り返すことができるため、記憶への定着力はかなり良いはずです。シナジー効果が期待できる科目についてはできるだけ同じ期間に同時にやって、効率的に勉強していけると良いと思います。

特別区を受験される方は試験日まであと2ヶ月もないですが、ラストスパートだと思って頑張っていきましょう!特に経営学、社会学、そして行政学の3つはほとんど難易度の高い問題は出ていない印象です。得点源にできますから、重要度はきわめて高いです。3つの科目を満点とるつもりで勉強していきましょう。


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事