_ 公務員試験で実施される集団討論の対策は予備校が1番おすすめ! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験で実施される集団討論の対策は予備校が1番おすすめ!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験はいろいろな試験種でグループディスカッションが実施されるようになってきました。特に地方上級や国家一般職などが有名でしょうか?面接試験とは違った難しさがあるこのグループディスカッションはなかなか対策が難しいです。とうか、面接は簡単にイメージできると思うのですが、グループディスカッションについては1度も受けたことがない方にとってはイメージが大変しづらいと思います。

公務員試験で実施される集団討論については「公務員試験で実施されるグループディスカッションとは?」のページをご覧ください。集団討論は民間企業もそうですが、練習が難しいですね。複数人が集まらないと練習できないですし。面接については家族に手伝ってもらうこともできますし、ジョブカフェなどの機関で練習をしてくれますが、集団討論はさすがに無理でしょう。集団討論を練習する場というのはかなり限られています。

では、どこで対策ができるのでしょうか?主に予備校と民間企業の就職活動です。予備校では、面接の時期が近づいてくると、模擬面接と同時に模擬グループディスカッションが行われます。これは本番を想定して、複数人が集まり、予備校の職員の人たちが評価をしてくれるもので、本番さながらの練習ができ、コツを掴むことができるのではないでしょうか?

そして、民間企業の就職活動では、まさにその本番を体験することができます。ただ、こちらは公務員試験一本に絞っている方はそもそも無理です。だから、集団討論の練習のためだけに民間企業の就職活動をするのも現実的ではありません。そうなると、現実的な方法としては予備校に通って練習するというのが1番かもしれません。

集団討論で難しいのは、司会、書記とか自分がどういった役割に徹するのか?ということです。これは実際に練習を積んでみると、どれが1番相応しいのか?というのがなんとなく分かってくると思います。集団討論も面接試験と同じで慣れの部分は大きいと思います。特に1番最初のときは全然話せないことも多いです。他のメンバーも発言してきますから、自分が話すタイミングが掴みづらく、気が付いたら何も発言しないまま終わっているというパターンもあるでしょう。

本番で失敗しないためにはやはり練習で失敗しておく。その反省を生かして本番の集団討論に臨むというのが1番でしょう。集団討論を練習できるという貴重なメリットも併せて、予備校に通うという意味はあるかもしれません。


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事