_ 独学の人に公務員試験の面接対策としておすすめなジョブカフェ! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

独学の人に公務員試験の面接対策としておすすめなジョブカフェ!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験を独学で行う人にとって壁になるのが面接対策かもしれません。筆記試験は正直言って本人の頑張り次第ですから、1年ではダメだったとしても、年数をかけてれいつかは突破できる性質のものでしょう!しかし、面接試験はそもそもどう頑張れば良いのか?が分かりづらく、さらに予備校に通っていないと面接で必要なノウハウを得られないという面もあります。

ただ、独学で面接突破が無理というわけではありません。予備校に行っているから合格の確率が上がるとは一概に言いづらいのです。面接のノウハウを持っていることは良いのですが、それが合格に直結するものか?どうかというのはまた別だと思いますから。

面接で差がつくところはその人の性格とか、モノの考え方の部分であり、それは予備校に通っているからといって、急に修正できるものではないのです。すると、予備校に通っていてもさほど意味が無いということになりそうですが、そうでもありません。1番大きいのは模擬面接を受けられて、経験を積めることです。

経験を積むというのは一種の慣れが備わり、心にゆとりを持って面接に望める可能性があります。それが合否に影響しているのか?というのははっきり言ってワカリマセン。不確定要素がどうしても大きいですから面接は。ただ、不安が少ない分、失敗する可能性は大分減るのではないか?と思います。それが事前に面接の練習を積める1番大きなメリットだと思います。

独学の人はそのメリットにありつけません。予備校に通っていないのですから。しかし、実はジョブカフェという施設で面接の練習をしてくれるのです。これは公務員試験だけではなく、就職活動でも利用されている機関です。名前くらいは聞いたことがあると思いますが、ここで無料で模擬面接を行ってくれます。やるのは職員でしょうから、プロではないのかもしれませんが、予備校で模擬面接の面接官を務めるのも予備校の職員ですから、そこは大差ないでしょう。

ジョブカフェではどちらかというと、就職活動用の面接になりがちらしいので、きちんと「公務員試験用でお願いします」と事前に言っておきましょう。ここで練習が詰めれば予備校に通っている人との差はほとんど生まれません。後は自分のこれまで培ってきた力のみが試されるのです。


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事