_ 公務員試験の「社会政策」で、数少ないおすすめできる参考書! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の「社会政策」で、数少ないおすすめできる参考書!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


社会政策って、出題される試験種が地方上級と市役所試験くらいしかないために、参考書があまり充実していません。過去問題集もほとんどないのですが、参考書がないとそもそもどうやって勉強すれば良いの?と思う人も多いかもしれません。特に独学の方は社会政策を勉強するのが非常に困難な状態といえるでしょう。

そこで、TACから出ている「公務員Vテキスト (12) 社会政策」が1番体系的に社会政策を学べる参考書だと思います。社会政策単体を1つの参考書として扱っているという意味では、珍しいですし、大変ありがたいものです。ページ数も結構多いので、内容の濃い参考書だと思います。

これは予備校のTACに通われている方は配られますが、そうじゃない方も本屋さんとかで購入できます。中身はカラーというか、目立ちやすいようにいろいろな色が使用されており、レイアウトが見やすいのが特徴です。また、データなどのグラフなどが結構多用されているという印象を受けます。視覚的にも勉強しやすい1冊だと思います。

中をよく見てみると、社会政策に必要な知識はほぼ全部といって良いほどインプットすることができるでしょう。かなりびっしり書いてあるので、全部読むだけでも結構大変かもしれません。しかし、それだけ中身が濃く、読む価値がある参考書だと思います。たまに確認の意味も込めて、択一の問題も掲載されており、問題を解いて知識が定着しているか?の確認もできます。

社会政策の参考書はほとんど選択肢が無いので、比較なども難しいですが、この1冊があれば問題を解くうえでの必要な知識は間違いなく網羅できるでしょう。社会政策で得た知識は社会政策だけではなく、社会科学など他の科目にも行きますから、この1冊で完璧に仕上げちゃいましょう!


数少ない社会政策について扱った体系的な1冊!これで完璧!
公務員Vテキスト (12) 社会政策

この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事