_ 公務員試験の予備校に通い始める時期はいつからがベスト? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の予備校に通い始める時期はいつからがベスト?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験を受験される方の多くは予備校に通っています。予備校に通えば合格が保証されるわけではありませんが、予備校に通った方が勉強が捗ったり、いろいろな情報が入ってくるので、有益な面は非常に多いと言えます。しかし、予備校に入るべき時期って一体いつからなのか?ということは多くの人が気になるかもしれません。

基本的には思い立ったときで大丈夫です!公務員試験口座を開講している予備校はいつでも入れる体制を整えています。1ヶ月から2ヶ月くらいで区切って、その人が受講を開始するタイミングで授業の講座のサイクルを回していますから、基本的にどの月で入っても、問題なくきちんと最初から受講ができます。

したがって、どのタイミングで予備校に通うことになっても、不都合なく通うことができるのです。一般的には公務員試験の場合は一次試験の行われる1年前くらいには予備校に入って、勉強を始めていた方が良いと思います。公務員試験は平均しても1年間くらいは勉強する期間を設けた方が良いと思います。だいたい5月くらいから筆記試験が始まると思いますから、できるだけその前の年の5月には予備校に通うのが良いかな?と思います。

一次試験が始まる1年前には予備校に通うというのが基本的にはベストですが、それより早くても問題ありません。遅くても問題が出るわけではありません。例えば半年前に予備校に通い出しても、そういった人のためにきちんと受講サイクルが整えられていますから。ただ、授業などの日程がその分きつくなりやすいということです。大学に通われている方は負担が増えそうです。そういう意味で、1年前くらいには通い始めるのが良いということです。

最近は予備校でも大学2年から通えるコースを整えている場合もあり、その場合にはかなり日程的に余裕を持って受講できることになります。多くの方は大学3年からになるのではないでしょうか?大学3年の春に予備校に通い出すと、ちょうど一次試験の1年前くらいになると思います。

結論を言うと、予備校に通い始めるタイミングは基本的にはいつでも良いです。しかし、自分が最初に受けるとも思われる試験種の一次試験の当日(多くの場合は5月の頭)から逆算して、できるだけ1年前くらいには予備校に通い始めていられるようにしましょう。


公務員試験の勉強開始時期は人それぞれだと思います。公務員試験の場合は科目数が膨大で、とにかく効率的に勉強を進めていかないといけません。そうなると、勉強の仕方を工夫していかないと、試験本番に間に合わない可能性すらあります。そこで、資格合格を目指すクレアールでは、過去の膨大なデータから細かい分析をして、いかにして授業のカリキュラムを組めば効率的か?どこを重点的に教ええれば、頻出分野を特にカバーできるか?といった時間対効果の点がとても優れており、とにかく勉強にかける時間や手間、かかる費用というのを最小限にして、最大の効果を挙げる「非常識勉強法」が売りです!詳しい内容が知りたい方はサイトを閲覧するか、資料請求をしても良いでしょう。
資格★合格クレアールバリュープライスで資格試験の合格を目指せる通学・通信講座
関連記事