_ 公務員試験の憲法のおすすめ勉強法はいたって簡単でシンプル! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の憲法のおすすめ勉強法はいたって簡単でシンプル!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


憲法はおそらく専門科目の中でも1番最初に勉強する科目ではないでしょうか?法律科目の中でも、比較的難易度は易しく、誰でもある程度の点数はとりやすい科目です。ただ、なかなか高得点もとりづらい科目です。そんな憲法の勉強法はいたって、シンプル!過去問をやるだけです!

過去問は別に何でも良いと思います。スー過去、クイマス、予備校で貰った問題集など。いきなり問題にとりかかって、問題文を読んで解説を読む。そして、必要事項を暗記していく。という単純作業を全分野において行います。問題集をやる前に参考書などは要らないのか?と思う方もいるかもしれません。予備校に通っている方はそこで授業を受けて、ある程度把握してから問題を解くでしょう。

それはそれで悪くはありませんが、時間が限られているためにあまり良い勉強の仕方とは言えません。少なくとも専門科目の中で最も理解がしやすいと思われる憲法のために丁寧に参考書を読んでから問題を解くというのでは、今後他の科目を勉強していくときにも同じことをしないといけなくなり、多大な時間がかかってしまいます。

ただ、参考書を全く見るな!ということではありません。問題集をやっていて、どうしても理解できない概念などが出てきた場合に辞書的な意味で、必要な箇所だけ参考書を参照するというのはありでしょう。おすすめの参考書は「郷原豊茂の憲法まるごと講義生中継」です。

基本的には憲法に関してはとにかく問題集1冊を何度も何度も繰り返して、問題文と解説を完全に覚えちゃうくらいの勢いで頭に入れていきます。憲法は複雑なところがほとんどないので、こういった機械的な作業で大丈夫だと思います。かなり憲法の勉強法に関して、説明が大雑把ですが、実際やることもそんな感じなので、大丈夫だと思います。憲法で躓く人ってなかなかいないと思いますから。

こういった形で憲法を是非勉強していってください!どうしても分からないところがあれば、先に挙げた参考書を使って、そこだけ細かく説明を見てチェックするというのが良いと思います。憲法はお得意様にしちゃいましょう!
関連記事