_ 社会政策の筆記試験対策 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

社会政策の筆記試験対策

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


・社会政策ってどんな科目?
現代社会のありとあらゆる分野を扱う科目と言えます。代表的なのは社会保障、労働、性差別などです。社会政策では人名と理論をセットで覚えるといった問題はあまり出ません。多少は出ますけど、両手で数えられる程度です。ですから、単純暗記ではない点がありますから、多少勉強しづらい部分があるかもしれません。

また、ここ数年の社会事情(社会保障、労働、教育など)に関する問題が出ます。特に近年問題視されていたり、ニュースなどで報道されている分野は要チェックです!時事対策での勉強が社会政策で生きるということも少なくないと思います。

・どんな問題が出るの?
これまでの社会政策全般の歴史などについて出たり、ここ数年の社会事情の問題が中心です。結構データや数字を使った問題が出る印象です。例えば「○○年の完全失業率は○%」であるとか、「労働人口に占める非正規雇用の割合は○○%」であるとか、そういった問題が多いです。

したがって、先ほども述べたように時事的要素の強い問題が出やすいということです。また、時事的要素のない制度や学者の学説などの問題もあります。社会政策を勉強する際には時事対策本なども合わせて見ていった方が良いです。

・どうやって勉強すれば良いの?
社会政策は市販の過去問題集「スーパー過去問ゼミ」、「クイックマスター」等では確か過去問題が出ていないはずです。したがって、なかなか対策しづらい科目です。予備校に通っていると、一応過去問題集はくれますから、それを使っていきましょう。しかし、そうでない方は各試験種(地方上級、特別区、国家Ⅱ種など)の分厚い過去問題集があります。それらの中で、社会政策が出題される試験種の問題集を購入し、問題を解いてみてください!

また、これは問題集ではありませんが、社会政策に必要な知識をコンパクトにまとめた「まるごとパスワード」という本があります。これは多くの受験生が持っているものなので、是非おすすめです!サイズも小さいので電車でも見られます!


<おすすめ参考書>
公務員試験 行政5科目まるごとパスワード neo
公務員Vテキスト〈12〉社会政策―地方上級(→紹介記事を読む
関連記事