_ 神奈川県の早期チャレンジの論文試験はほぼ対策不要! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

神奈川県の早期チャレンジの論文試験はほぼ対策不要!

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


神奈川県の早期チャレンジまでそこまで時間はありません。一次試験では択一試験、論文試験、エントリーシートの記入といった試験が行われます。その中で、論文試験はどんな問題が出るのか?気になるところではないでしょうか?論文についてはホームページに過去問が載っていたと思います。ですから、それを確認するのが良いと思います。

ただ、別に神奈川県の早期チャレンジ用の勉強をする必要があるとは思えません。神奈川県に関することが出ているか?というと、そうでもないようですし。ちなみに去年のテーマは「健康の定義を示し、人々が健康で生きていくために行政は何をすべきか?」といったものでした。よくある論文のテーマに近いですよね。高齢化などのテーマをきちんとやっている人はそれで関連付けることができそうです。

それ以前の過去の論文テーマについては予備校にデータがあるかもしれませんし、ネットで探せば出てくる可能性も高いでしょうから、それで行ってほしいと思いますが、特別な対策はいらないと思います。択一試験も特別な対策は要らないと話しましたが、論文試験も割とオーソドックスなテーマが予想されます。

例えば、裁判所一般職などは結構特殊みたいです。ただ、特殊といっても対策はほとんどいらないくらいのウェイトの低い論文試験みたいですが。そういう特殊な試験の場合は個別の対策をすべきかと思いますけど、そうじゃないのなら今までのどの試験種でも通用する勉強の仕方を継続していければ良いでしょう。

皆さんが使っている論文試験の対策本に載っているテーマ一覧を頭に叩き込んで臨めば、おそらく問題なく当日の試験にも対応できるはずです。択一試験のボーダーが限りなく高いことが予想されるので、まずはそっちをなんとかしないと、論文がもしかしたら読まれない可能性もありますからね。


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事