_ 公務員試験の面接対策としておすすめの参考書! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接対策としておすすめの参考書!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


面接試験になると、やっぱり面接対策本に頼る人も多いと思います。面接対策本はあくまでもここに書いてあるのは参考にすべきことであって、鵜呑みにしてはいけないものだと思います。自分なりに情報の取捨選択をして、自分が正しいと思ったように面接を実践していくことが大切です。

私が使った中では、「公務員 面接・官庁訪問の秘伝 2015年度採用 (公務員試験)」が1番分かりやすいというか、参考になった気がします。公務員試験の面接は民間企業の面接とはちょっと違った面もあり、そこがまず理解できました。そして、面接試験の対策するうえで「コア」というものをこの本では使っています。それは自分が公務員になるうえで持っている信念のようなものなのですが、このブログでもちょくちょく使っています。

その「コア」が何を意味するのか?については実際に本を見てみて確認してほしいと思いますが、私の心の中に1番響いた言葉ですし、公務員試験の面接を行ううえで、これが必要なのか!と妙に納得した記憶があります。公務員試験の面接対策は予備校でも初歩の初歩からおそらく解説をしてもらえると思います。

ただ、独学の方はどうしても情報が入ってきづらいと思いますので、こういった本に頼った方が良いのかな?とは思います。予備校に通っているという方も参考になる部分は多いと思いますから、模擬面接などを受ける前に是非1回読んでみてほしいかな?と思います。

おそらく何らかの面接対策本は皆さん買うと思います。そのときの1冊としておすすめのものなので、紹介したいと思います。実際によく聞かれる質問とその答え方、しかもレベルごとというか、評価基準ごとに複数の回答が載っており、答え方のバリエーションもあるなー。という印象を受けました。したがって、参考になる部分は多いと思います。


これから公務員試験の面接対策をするうえで有益な1冊です!
公務員 面接・官庁訪問の秘伝 2015年度採用 (公務員試験)
関連記事