_ 公務員試験の筆記試験当日の空き時間に行うべき勉強の科目とは? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の筆記試験当日の空き時間に行うべき勉強の科目とは?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の一次試験の当日、おそらく何かしら勉強するための参考書、問題集を持っていくと思います。試験が端舞える前、試験と試験の間の時間に勉強をするためですね。最後のあがきですが、そこでやったものが出るならば最高でしょう!

このとき、一体何の科目を勉強すると良いのか?これは皆さん迷うでしょう。はっきり言うと、試験問題が事前に分からない以上、何をやってもそんなに変わるものだと思えません。ただ、今までの復習をするというよりは、この時間だけは新しいものをやってみても良いかもしれません。

これまでの復習というのは、はっきり言うと、試験が始まる前までに行っておくべきものであり、この期に及んでやるべきものではないからです。この時間ははっきり言ってそんなに長い時間とれるわけではないので、これまでの復習だとすでにある程度頭に入っているものをやるわけですから、上澄がほとんどないということですね。

上澄みがほとんどないように、それまでにちゃんと勉強をしておくべきとも言えますけど。ですから、この時間はあまり頭に入っている自信がない部分を重点的にやっていった方が良いかもしれません。おすすめなのは時事です。時事はおそらく全範囲はやっていない人が多いと思います。

参考書に載っている中でも、7、8割程度に抑えているのではないでしょうか?時事対策本の中でおそらくやっていない分野が少なからずあるはずです。そこをちょっとでも目を通しておくと、いざ出たときに結構有利になるのです。選択肢が2つ、3つくらいは消せる可能性があります。

時事は元々、そこまで気合を入れてやるべき科目ではありません。だからこそ、やっても中途半端な知識だったり、飛ばした分野が多かったりします。別にそれでも構わないのですが、この最後の時間の中でより得点確率を上げるためには、これまで1度も目を通していない時事の分野をやるというのも良いかもしれません。

これまで1度も目を通していないというのは他の教養試験の科目とか、専門試験の科目にもあるはずです。ただ、そのほとんどはたかが数十分目を通しただけでは理解が難しいものが多いので、この数十分がムダになりやすいのです。ただ、時事の場合は事実を知っているか?どうかなので、覚えたものが出るとしたらそのまま出るはずですから、やったところが出さえすれば選択肢を絞れたり、正解できたりということが起きやすいのです。

民法の抵当権をこれまで1度もやってないけど、じゃあ試験前の数十分でちょっくらやってみるか!といって、普通は何じゃこりゃ・・・?と思って終わりでしょう。抵当権それ自体を理解できないまま終わりそうです。試験前、または試験と試験の間の時間はほぼ完璧な分野の復習ではなく、これまでやっていない、またはやったけどまだまだ足りない分野をやるということが大切で、その中でも短い時間ですぐに理解できる、覚えられるものが良いのです。それは時事対策ではないでしょうか?


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事