_ 試験種別の過去問題集に載っているものとほぼ同じ問題が本番で出ることも多々ある! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

試験種別の過去問題集に載っているものとほぼ同じ問題が本番で出ることも多々ある!

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


試験種別の過去問をやるという人もいるでしょう。「過去問500」といった分厚い本を買ってそれをやってみる必要はあると思います。ただ、個人的にはこういった試験種別の過去問題集をやるときには3年以上の前の問題は結構要注意して取り組んでほしいと思います!

実は数年前に出た問題が本番で出るということもあるからです。さすがに去年とか、おととしくらいの問題がまた今年出るというのはなかなかないとは思いますけど、それより前に出た問題は結構見かけることが多かったりします。とはいっても全く同じ問題文とかではなく、必要になる知識が同じ問題ということです。

過去問500をやったお陰で試験本番で、あ!これ前に出てたやつじゃん!という問題に出くわすということがそれほど珍しくないのが公務員試験の特徴です。問題をある程度使いまわしているでしょうから、ほとんど同じような問題文や選択肢の言い回しとかされているケースが多々あるんです。

例えば、特別区の過去問題集に載っていた問題で、社会学のコーンハウザーが社会類型をエリートへの接近可能性とへリートからの操縦可能性の軸によって、それぞれが高いか?低いか?を区別した表があると思います。共同体的社会、多元的社会、全体主義社会、大衆社会の4つが表のどの位置にあてはまるか?という問題です。そして、これと全く同じ表、そしてほぼ同じ問題文がそっくりそのまま本番で出た!という経験があります!実は私はその前日に特別区の過去問500でその問題を見ており、完全にキター!と思いました(笑)したがって、10秒くらいで解けました。

勿論、去年とかおととしの問題もやる必要はあります。その試験種では再び出る可能性は乏しくても、別の試験種では出題される可能性はありますから、やっておいた方が良いでしょう。あと、できれば本番を想定して取り組んでもらいたいですね。制限時間を測りながらやってもらえると良いと思います。

過去問500は試験直前でも良いような気がします。最後の仕上げみたいな感覚で使ってもらっても良いでしょう。本番を見据えて何点くらいとれそうか?とかを見る模試みたいな感じで。もっと早く使ってもらっても良いとは思いますけど、これまで使ってきた通常の過去問題集、スー過去とか、クイマスとか、予備校の問題集をまずは完璧に仕上げてからの方が良いでしょう。


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事