_ 経営学の筆記試験対策 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

経営学の筆記試験対策

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


・経営学ってどんな科目?
経営学は一般の企業組織における経営のノウハウのような内容を扱います。一部行政機関も出てきます。全体的には経営理論に関する内容が多くを占めており、誰がどんな理論を唱えたか?といったことを主に学びます。行政学、社会学などの科目と内容的には一部被っています。

他の科目同様に、カタカナの名前がどんどん出てきて結構覚えづらい印象です。名前は思えづらいですが、そこで言われていることは日常的にも経験していたり、妥当するものが多いのでやっていてタメにもなりますし、スムーズに頭に入ってくるとは思います。

・どんな問題が出るの?
単純な択一問題が多い気がします。間違いのパターンはだいたいが経営理論の内容そのものが間違っているパターン、そして経営理論とそれを唱えた人の組み合わせた間違っているパターンなどです。これは経営に関する学者の人の名前がとても多く登場しますから、根気よく覚えていく必要があります。

また、経営史というか、これまでの日本と外国(特にアメリカ)の企業の経営の手法の変遷のような問題も一部出ます。日本とアメリカがこれまでどのゆに企業を大きく成長させてきたのか?を学ぶのは私は結構楽しかったです。ただし、内容はやや細かいところまで出るので勉強が大変かもしれません。

・どうやって勉強すれば良いの?
経営学は多くの人がすんなり勉強していけると思います。経営学は「勉強していて楽しい!」と言う人が多いのが特徴の科目です。したがって、基本的には参考書を読む必要もなく(以下で紹介はしていますけどほぼいらないと思います)、予備校に通う必要もなく、以下で紹介しているような過去問題集を買ってきてそれをひたすら解いていくというスタイルで良いと思います。


<おすすめ問題集>
公務員試験 新スーパー過去問ゼミ3 経営学
公務員Vテキスト〈13〉経営学―地方上級・国家一般職・国税専門官対策
関連記事