_ 数的処理を勉強するのにおすすめの参考書を紹介! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

数的処理を勉強するのにおすすめの参考書を紹介!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の数的処理の参考書、問題集はいくつか発売されていると思います。数的処理という科目の性質上、どれを使っても何かよく理解できないとか、できるようにならないといった感覚を持ってしまうのは当然かもしれません。しかし、予備校に通っていないという人は何かしら買わないといけません。

数的処理が苦手という人はどれを使っても、そこまでできるようになるとか、理解が一気に進むということはあまり期待できないかと思います。ただ、個人的に使ってみたものの中では「数的推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱[改訂版]」、「判断推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱[改訂版]」の2冊が良いのではないか?と思います。

数的処理については、以前「数的処理を乗り越える鍵はTACの関野先生が握っている!?」でもお話したのですが、できればTACの関野喬先生の講義を受けていただきたいと思っています。かなり分かりやすいです。そして、関野先生の作るレジュメで要点を確認し、そこに載っている問題を解いていくというやり方で良いでしょう。

しかし、予備校に通えないという方にとっては、この2冊がなんとなく1番良いかな?という気がします。あとは有名なところだと畑中先生のワニ本なんかもありますけど、個人的にはあれはあまり使いやすい印象ではありませんでした。あとはスーパー過去問ゼミなどの問題集を使用している人もいるようです。

玉手箱の方は何が良いのか?というと、パッと見たときにレイアウトが見やすく、問題が解きやすいといったところです。そんなところか!?と思うかもしれませんけど、そういうところくらいにしかあまり違いは見出せない印象ですね。やっぱり苦手な人にとっては解説なども1度読んだだけでしっくりくるというケースはあまり考えられませんので。そうなると、どれを使ってもそこまで大差はないのです。

あと、ワニ本は若干厚くてサイズが大きい印象があるので、やや持ち運びが不便かもしれません。そこも玉手箱を推す理由になります。載っている問題数、問題のレベルなども割と丁度良いと思うので、予備校に通えない人にとっては使いやすい参考書かな?と思います。


数的処理の参考書として1番使いやすいのではないか?と思います!
数的推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱[改訂版]
判断推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱[改訂版]

この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事