_ 「最後に何か質問はありますか?」といった逆質問の答え方 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

「最後に何か質問はありますか?」といった逆質問の答え方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接ではそこまで聞かれることはないかもしれません。民間の就職活動ではよく聞かれるのが「最後に何か聞きたいことはありますか?」といったものです。公務員試験ではそこまでメジャーな質問ではないと思いますけど、もし聞かれたときに咄嗟に何も出てこなかったり、「いや、特にないです・・・。」というのはあまり評価が宜しくないようなので、事前に考えておいた方が良いと思います。

このいわゆる逆質問では、基本的に公務員として働くという意欲を面接官に見せられる質問が望ましいと思います。意欲を見せることができれば、内容は何でも良いと思います。例えば、「公務員として働くまでに何か身につけておいた方が良いスキルなどはありますか?」といったものです。

これを言ってしまうと、もう公務員になることが決定しているかのようにも聞こえますけど、それで良いんじゃないでしょうか?本人がもうやる気満々ということでしょうから、ある意味公務員として働くうえでの意欲は存分に見せ付けられていると思います。

実際、働き始めるときに公務員として必要な能力が1個でも多ければ、それは研修、教育を行う公務員の立場からしても助かるものであり、また評価できるものでしょう。そして、その人がより公務員にとって相応しい人間になる、またはなろうとしている意識に表れでもあります。積極的に優秀な公務員になろうと、この面接の時点から意識できていれば、面接官にとってもかなり好印象に映ると思います。

ですから、こういった公務員になるうえで意欲を見せ付けることができる質問をしてみましょう。そういった類のものであれば、別に他の内容でも良いと思います。逆に意欲を見せられるどころか、「この人は本当に公務員として働きたいのか?働く気があるのか?」と思われてしまうような質問はしないでください。

例えば、「1日の労働時間は?」とか、「休みはどれくらいとれそうですか?」とかです。こういった質問は普通に考えたら別におかしいことではないんですが、面接官の気持ちに立つと聞かない方が無難といえると思います。


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事