_ 既卒で短期職歴の人が公務員試験の面接で合格するには!? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

既卒で短期職歴の人が公務員試験の面接で合格するには!?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


よく既卒や短期職歴の受験生は不利と言われています。これは就職活動、転職活動、公務員試験など共通のことだと思います。どうして短期職歴は不利とされているのか?というと、仕事を始めてもまたすぐに辞めてしまうのではないか?と採用する側も考えてしまうからでしょう。せっかく採用した人が辞めてしまうと、それまでにかかったコストがムダになるからです。

やっぱり、公務員として採用する際にすぐに辞めてしまいそうな人はやっぱり避けたい傾向にあるのです。詳しくは『面接官が採用したいと思う人材は「公務員の仕事を簡単に辞めない人!」」』の記事をご覧いただきたいと思います。それくらいに公務員を採用する面接では「すぐに辞めない人」は重要な審査項目になると思われます。

実際、公務員試験の予備校の合格者一覧のようなページには短期職歴から合格を果たしたと紹介されている人もいますから、そりゃ短期職歴の人は合格が不可能だということではありません。短期職歴だから即不合格なんてことはまずありえないと思います。ただ、すでに述べたように面接官もやっぱり、その点に関しては用心して見るようになるために不利ならないとは言えません。少なくとも、長く働いていた人、現役大学生よりは多少不利受ける可能性は否定できません。

ですから、短期職歴の人は面接の中で「自分はすぐに辞めない!」というアピールをしていく必要があります。これは滅に短期職歴ではない人も同様にアピールしていくべきことで、『面接官が採用したいと思う人材は「公務員の仕事を簡単に辞めない人!」」』に書いてある具体的なアピールの仕方をしていってみてはどうでしょうか?

既卒で短期職歴の人は、どうしても面接官から疑いの目で見られがちですから、このブログや市販の面接対策本を見て、できるだけ面接試験に対する対策を万全にしていかないといけません。それで自信が持てそうにない場合には、予備校に通ってみるのもおすすめです。独学の面接対策では限界がありますし、向こうはずっと指導してきているプロですから、思いもよらない発見があるかもしれません。とても参考になることが多いと思います。

既卒の人の場合は、そもそも人と会話する自体がなんとなく疎遠になってしまっている人もいると思います。そういうときにやはり予備校は有効なのです。例えば、「資格の学校TAC」では、単なる面接対策をしてくれるだけではなく、受験者同士の交流の場も設けられています。グループ学習や自主ゼミという言い方をすることもありますけど、これは受講生で志望先ごとにグループを作って、一緒に勉強をしたり情報交換をする場を予備校側が音頭をとって、設けてくれるのです。これにより受験仲間ができるとともに、一緒にいろいろなことを話せる機会が多く生まれますから、通っていて楽しいですし、コミュニケーションをとる機会も増えて良いですよ!

TACでは、その他面接講義や模擬面接も充実していますし、コースによっては論文添削や模擬面接は無制限だし、模擬試験も無料で何回か受験できます。これらを組み合わせると、既卒の人といえどもかなり万全の体制で挑めるのではないでしょうか?より詳しい情報が知りたい方、具体的にTACにはどういうコースがあって、お金はどれくらいかかるのか?授業はどんな感じで受けていくのか?など気になることがあれば、予備校に問い合わせてみたり、無料でできる資料請求をしてみると良いと思います。

資格の学校TAC<公務員>各種コース開講


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事