_ 社会学の筆記試験対策 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

社会学の筆記試験対策

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


・社会学ってどんな科目?
昔から今に至るまでの国内外を問わず、多くの社会学者が登場してきます。基本的には社会学者の名前とその人が唱えた理論の名前、そしてその内容をしっかりと抑えていくことが大切です。結構、私たちの生活に身近な話題、興味をそそられる事柄も登場してきますから、勉強していて面白さはあると思います!

・どんな問題が出るの?
社会学者がとんでもない数出てきます。それに関する問題が多いですね。基本的には社会学者の名前とその理論、内容を一致させていれば答えられる問題が多いです。単純な正誤問題が多く、きちんと勉強していれば間違いに気付けると思います。

また、社会学は政治学、行政学、経営学などと一部内容が被っています。ですから、これらの科目を先にやっておくと非常に理解がしやすいのではないか?と思います。ただ、被っていない部分も非常に多いですし、カタカナの名前がよーく出てきますから覚えるは非常に苦労します。

・どうやって勉強すれば良いの?
基本的には参考書などはいらないと思います。スーパー過去問ゼミなどの過去問題集を解いていって、ひたすら暗記をするだけです。やることは単純作業なので難しくないと思いますけど、とにかく覚えづらいと思います。人の名前も理論の名前もカタカナが多いです。だから、別の何かとごちゃになってしまう可能性もあります。

社会学は国家一般職、特別区の専門試験、または教養試験の社会科学の中で出ることもあります。また、すでに述べたように他の科目との関連性もありますから、時間があればやっておきましょう!特に特別区が第1志望の方は絶対にやっておくべきだと思います!


<おすすめ参考書、問題集>


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事