_ 肖像権を扱って有名判例「京都府学連デモ事件」の概要 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

肖像権を扱って有名判例「京都府学連デモ事件」の概要

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


憲法では、結構最初に学習する判例ではないでしょうか?憲法13条「幸福追求権」のテーマでおそらくいくつかの人権が出てきたと思いますけど、この京都府学連デモ事件はその幸福追求権の中の「肖像権」に関するものとして有名な判例です。

立命館大学の学生が京都府学連主催のデモ行進に参加し、先頭集団の列外の位置にて行進をしていました。しかし、デモの隊列を指導している機動隊の指示を仰いだ際に、そのことで機動隊ともみ合いになり、京都府公安委員会の出したデモ許可の条件、並びに道路交通法にもとづいて出した警察署長の条件に違反していたというのです。

そして、この状況を見たある巡査がこれは!?と思って、その様子を証拠保全の目的で撮影しました。それに気付いた学生がこの巡査に暴行を加えて怪我を負わせたために、傷害罪並びに公務執行妨害罪で訴えられてのです。

1審、2審とも被告人の学生は巡査の行った行為は「肖像権の侵害」と主張をしましたが、それを却下したために上告をしました。上告審では、今回の被告人の主張する権利を「肖像権とするかは別として」としていますが、肖像権は公共の福祉の制約を受けるということを示唆しています。

・今まさに犯罪行為が行われている
・証拠保全の必要性と緊急性が認められる
・撮影の手段の相当性が担保されている


これら3つの要件を満たしている場合には幸福追求権の1つとして扱われると思われる「肖像権」も一定の制約を受けなければならないということです。また、この場合には犯人とされる人物の容貌以外にも、関係のない第三者が被写体に含まれてしまっても、特に問題はないということとされています。
関連記事