_ 地方上級を受ける方は、ホームページ等で出題される試験科目を早めに確認してください! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

地方上級を受ける方は、ホームページ等で出題される試験科目を早めに確認してください!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


地方上級を受ける方、すでに自分が受ける自治体は決まっているでしょうか?もし決まっているなら1つやっておいてほしいことがあります!それは出題科目の確認です!ご存知の方が多いと思いますけど、地方上級では全国型、関東型、北陸型、独自型などの試験のタイプがあります。

それは知っている!という方は多いかもしれません。ただ、そこで終わらないで是非自治体のホームページで出題科目(1年前の試験でも良いです)を確認してみてください!特に全国変形型と呼ばれる試験のタイプは自治体によって出題科目がバラバラになっているケースがあります。

例えば、川崎市では地方上級の全国変形型です。これは教養試験は全国型と同じですが、専門試験の出題科目が全国型にやや変更を加えているのです。例えば、刑法と国際関係が出ません!特に刑法なんて裁判所職員、国家総合職、専門試験のある市役所を受けない人であれば、地方上級でしか使いません。しかし、それだけのためにやってきたのに、実はここで刑法は要らなかった!?なんてことは避けないといけません。

ですから、受験する自治体がすでに決まっている人は早めにまずはその自治体の試験種のタイプを確認し、その後に出題科目が思っていた通りか?というのを自治体のホームページで確認をしてください!もうやってるよ!という人は全く問題ありません。良い心がけです。

したがって、この時点で以上のことをやっていない方は是非早めにやってみることをおすすめします。そして、現時点で受験する自治体が決まっていない方も、もし決まったのであればその直後にやってみてください!


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事