_ 公務員試験の面接対策はいつから始めたら良いのか? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接対策はいつから始めたら良いのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


多くの受験生が筆記試験でお忙しいところを送っていると思います。ただ、面接試験は最終合格を掴み取るためには必ず必要となってくるものであり、いつかはやらないといけないものです。そんな面接対策はいつから行っていけば良いのでしょうか?

面接対策に関しては早ければ早いほど良いものとはあまり思えません。しかし、遅くても良いものとは思えません。本格的な面接対策というのは少なくとも筆記試験を受けた後で良いと思います。ただ、プチ面接対策って言うんですかね?日常の中で特に机に向かっていなくてもできるような面接対策はやっていった方が良いんじゃないか?と思います。

例えば、自己PRとかは聞かれることが多いと思うんですけど、そういった「これは聞かれる可能性高いだろうな!」といったことをまず思い浮かべて、夜寝るときに5分でも10分でも布団の中で、「自分がアピールできることってなんだろう?」って考えてみるんです。別にその日のうちに答えを出す必要はないでしょう。

毎日毎日考えていって、いつか自分なりにまとまった答えが出れば良いんじゃないでしょうか?それをいくつも質問項目を思い浮かべていって、志望動機とか、やってみたい仕事とか、普段勉強している時間とは別の時間でやってみたら良いのではないでしょうか?お風呂入っているときとか、電車乗っているときとか、ご飯食べているときとか、街を歩いているときとか、頭の中で考えるだけのことですから、常にいつでもできます。

また、大学の帰りとか予備校の帰りには本屋に寄ってみて、5分でも10分でも面接対策本を立ち読みしたりして、情報を収集しても良いかもしれません。したがって、本格的な面接対策はいずれやるとしても、今の時期からでもほとんど負担なく行えるようなプチ面接対策はおすすめだと思います。

直前にいきなり始めるよりも、ある程度それまでに骨組みが出来上がっていた方がスムーズに行えるでしょうから。面接対策はおそらく5月から6月あたりから本格的に始める人が多いかもしれませんが、それまでの少しの時間を使って行っていくのも良いのではないでしょうか?


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事