_ 2013年7月に行われた参議院選挙で違憲無効の判決が出ました! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

2013年7月に行われた参議院選挙で違憲無効の判決が出ました!

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


今年7月に参議院議員を選ぶ選挙が行われましたが、その一票の格差が最大で4.77といった開き具合になっており、以前から選挙無効を訴える訴訟が行われていました。そして、広島県の高等裁判所岡山支部は岡山選挙区の選挙を違憲によって無効とする判決を下しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131128-00000023-mai-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131128-00000023-mai-soci

ポイントとしては参議院選挙では「一票の格差」を理由にした無効判決は初めて!ということです。また、選挙無効の効果はこの判決が下された以降に限るという点も是非抑えておくようにしましょう。また、この判決に関しては岡山県の選挙管理委員会が不服として上告するようですから、その後の裁判の展開具合も注目していきたいですね。

去年の衆議院選挙でも選挙無効の判決が下されており、また、一票の格差が違憲状態であるという判決はすでにありました。今回は参議院選挙ですが、直近の国政選挙ということもあり、公務員試験では十分狙われるポイントだと思います。

予備校に通われている方はおそらく講師の方からアナウンスがあるのではないか?と思います。独学の方はこういった情報は自分で取り入れるしかありませんから、ニュース、新聞を見たり、時事対策本できっちりと勉強していく必要があります。

今回の参議院選挙の選挙無効の判決は筆記試験では時事問題では勿論、政治学あたりも出題可能性があるので、今のうちから、この出来事の概要を抑えて、試験で狙われそうなポイントを自分なりに見つけて勉強していってください!


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事