_ マクロ経済の筆記試験対策 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

マクロ経済の筆記試験対策

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


・マクロ経済ってどんな科目?
マクロ経済は一国全体の経済を研究する学問です。ミクロ経済がもっと細かい視点、つまり家庭や企業などを対象に経済活動を見ていくのに対して、マクロ経済はもっと大きな視点から経済を見ていきます。皆さんの馴染みの深いところでは、GDP(国内総生産)などをマクロ経済では扱っています。

・どんな問題が出るの?
マクロ経済は経済科目ですが、ミクロ経済と比べるとそれほど計算問題は多くない印象です。計算問題の範囲としては、だいたい全体の2/5くらいだと思います。したがって、数学が苦手な人でも割ととっつきやすい科目だと思います。

結構、経済科目にしては文章問題が多く出題されるのが特徴です。ただし、用語、概念は結構難解なものが多く、理解するのが大変かもしれません。ただ、これも慣れなので何回も繰り返して勉強をすれば、きちんと理解できるはずです。

・どうやって勉強すれば良いの?
基本的には文章問題にしろ、計算問題にしろ過去問題集を見て、載っている問題を解けるようにします。ただ、いきなり問題をやれ!と言われても結構厳しい方もいると思います。予備校に通っている方はそこで習えば大丈夫でしょう。

しかし、予備校に通っていない場合はYoutubeで石川秀樹さんという方がマクロ経済とミクロ経済について、公務員試験で出題される範囲についての講義を配信してくれています。それは勿論無料で視聴できるものなので、それを見てから問題に取り掛かることをおすすめします。私もこれを見てからマクロ経済がスムーズに理解できるようになりました!詳しくはこちらの記事をご覧ください!→http://koumuinouen.net/blog-entry-158.html


<おすすめ参考書>
速習!マクロ経済学―試験攻略入門塾
公務員試験 新スーパー過去問ゼミ3 マクロ経済学
関連記事