_ 公務員試験の英語で点数をとっていくための勉強法のコツとは? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の英語で点数をとっていくための勉強法のコツとは?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の文章理解では絶対に出題がされる英語は結構得意、苦手が分かれやすい科目だと思います。大学受験で英語をきちんと学習した人は、その後英語をきちんと勉強していなくても、ある程度は経験を生かして解けるのではないか?と思います。

しかし、大学受験で英語をあまり勉強しなかった人や一般入試で受験していない人は英語の力が大分なくなっているのではないか?と推測されます。特に現段階では英語の力がないと感じている人は中には英語を捨ててしまう人もいるようです。英語を捨てても合格が不可能なわけではありまえんし、他で十分とれる見込みがあるならばそれも1つの選択肢として大いにありだと思います。

ただ、なんとか英語を勉強して1点でも多くとりたいという方のためにアドバイスをするならば、やはり、まずは語彙力を増やすことだと思います。公務員試験の英語の問題は基本的に読解ができれば解けます。本当であれば、きちんとした文法を真面目にマスターしていくべきなのですが、残念ながらそんな時間的な余裕はないでしょう。

また、公務員試験の英語は文法が分からないと意味が通じない部分もありますけど、それはそこまで多くはないと思います。結構な部分は中学レベルの文法さえあれば大丈夫な場合が多いと思います!したがって、英語の勉強は語彙力強化に当てましょう!

語彙力の強化では、主に単語帳を1冊買ってきて、それをひたすら覚えるだけですね!できれば、多義語は複数の意味を覚えて欲しいですし、熟語が載っていればそれも併せて覚えていきましょう。大学受験用のであれば、どれを買ってもそこまで大差はないと思います。したがって、自分の使いやすいものを選んで買ってください。

だいたい1冊完璧にすれば1500以上の単語は頭に入るでしょう。それでも本番では分からない単語が出てくるかもしれませんが、それは仕方のないことです。皆さん同じです。細かい部分が分からなくても、文書の全体として言っていることがなんとなくでも理解できれば良いのです。

文章理解の英語の攻略のカギは何よりも語彙力の強化です!まずは文章全体の意味を把握できなければ始まりません。単語1個でも多く覚えていく。それを毎日継続していければ、少しずつ英語ができるという実感が沸いてくると思います。


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事