_ 裁判所職員の採用試験は、面接の難易度は男女で全然違う! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

裁判所職員の採用試験は、面接の難易度は男女で全然違う!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


裁判所職員の試験種は意図は分かりませんけど、過去には女性が特に優遇された試験結果があったようです。今もそうなのか?は分かりませんけど、裁判所職員の試験は他の試験種とはちょっと違った様相を呈しているようですね。というのも、以前から言われていることですが、女性が圧倒的に有利となっているのです。これはきちんとしたデータで示されています。例えば「http://blogs.yahoo.co.jp/sabetsu5555/30768156.html」というブログの記事には平成に22年度の裁判所職員の結果が載っています。

●平成22年度裁判所事務官Ⅰ種、Ⅱ種 総受験者数 11572
男性受験者 8230   一次試験合格者 2331  最終合格者 403 
※男性の一次試験合格者が最終合格者になる確率は、17.3%
女性受験者 3342   一次試験合格者 715  最終合格者 614 
※女性の一次試験合格者が最終合格者になる確率は、85.9%


以上を見てみるとお分かりの通り、男性、女性ともに一次試験の合格率には大差はありませんが、面接試験の合格率が酷すぎる...。女性は約86%の確率で合格、男性はわずか17%強という数字です。裁判所職員の全体の面接倍率は2倍強くらいだったと思いますが、男性だけに絞った場合の面接の倍率は約6倍ですか!?これはとんでもない数字ですね。操作できない筆記試験は上記のようにフェアだが、面接試験はフェアなのか?疑問に思えてしまう点があります。

http://komuin.oikakekko.com/contents/joseiyuri.html」というサイトには以下のことが書かれています。

>公務員試験を受験するのは、基本的には大学卒業を控えた21歳くらいの大学生です。
 このような若い年齢のうちは、まだまだ、女性の方が大人なんですよ。
 女性の方が、人当たりは良いし、常識をわきまえた発言ができるし、自己アピールが上手なので、面接官が話をした印象も、女性の方が良い印象を受けるものです。
 当然、現時点の素の採点をすると、女性のほうが面接の点数が高くなります。
 しかし、将来性を見ると、不器用な男性の方が、将来的な伸びしろは多くなります。



これは科学的に根拠のあることなのか?不明ですけど、確かにそういう傾向はないとは言えないかもしれない。とはいっても、別に女性の受験生と男性の受験生を比べて点数をつけるわけじゃないですよね。個別の受験生ごとに男性も女性もそれぞれ絶対的な基準から点数をつけていくはずです。また、男性の中にだってここで言われているような「大人な人」も十分いると思いますよ。結局、ここで言われていることはあまりにも曖昧な表現が多すぎて、人当たりが良いとか、常識がわきまえられているとか、そういったものは人の感じ方によるとしか言いようがない気がします。

個人的には公務員試験の面接官は男性が多いだろうから、表kをするときは多分男性よりも女性に甘い。それが行き過ぎたのが裁判所職員の面接試験なんだろうと思います。面接試験というコネとか言われているように、意図的に点数の操作がしやすいですね。また、主観に頼った採用が生まれやすい試験の代表的な弊害とも言えそうな結果です。ただ、この結果を受けて一概に採用の仕方がおかしいと言い難いのです。女性の方が男性よりも面接が得意な人が多かった!という仮説も一応成り立ちます。ただし、現実的に考えるとそんな仮説信じる人はほとんどいないと思いますけどね。

というのも、得意か?ってのは、面接官が点数化して結果が出て初めて分かることなので、客観的に言えることではないのです。完全に面接官の主観によって表された結果をもとにして判断されるので、その結果を受けて、特定の人が面接かが得意か?否か?というのは一概に決まるものではないのです。そういう曖昧な中で行われるのが面接試験なのです。

これは数年前のデータなので、今もこんな状態が続いているのか?は不明ですが、これもアファーマティブアクションの弊害なのでしょうか?この状態で裁判所職員を受ける男性の受験生には脱帽ですね。私ならよほど志望度が高くない限りは諦めるでしょうね。どうしてこうなった・・・。男性と女性の面接からの合格率がほぼ同じであっても、それは平等と言えるとは限りませんからね。見た目が平等に見えるだけであって。

ただ、面接は筆記試験と違って、どうしても意図的な操作がしやすいので、合格率がほぼ同じにしないと、絶対に文句が飛んでくる可能性があるのです。どちらかの性別に偏っていると、常に意図的な操作が行われたのでは?と疑われてしまう可能性が高いです。面接は筆記試験みたいに完全にフェアに行うことは不可能だから。筆記試験で男女の合格率に偏りが出ても、それは勉強ができなかったのがいけない。と客観的に言えることでしょうからね。

しかし、今回のような結果になってしまうのは女性の職員の数が少ないためだとも言われています。それは女性の受験生を増やすために意図的に女性を多く合格させている。しかし、冒頭で紹介したブログでも書かれていますけど、もし目的が本当にそうならば、すべきことは結果的な女性の採用者数を増やすことではなくて、女性の受験者数を増やすことではないでしょうか?女性に公務員という職業を、裁判所職員という仕事に興味を持ってもらうことが大切でしょう。そうやって、結果的に女性の採用者を増やしていくべきだと思います。

また、そもそも裁判所職員に女性が多くいないと困る事態でもあるのでしょうか?なかなか想像しづらいですけど。実際に面接でどんな点数の付け方をしているのか?は不明なので、何ともいえない部分もありますけど、あくまでも結果だけを見れば問題ありそうな採用の仕方だと思います。女性は是非受けてほしい試験種だと思いますけど、男性は本当に厳しい試験種だということです。


裁判所職員の特に一般職を目指しているという方は、本番までに以下の過去問題集をやっていくことをオススメします。この過去問は他のものとはちょっと違う特徴を持っており、問題と解答が切り離せます。つまり、問題だけをコンパクトに持ち歩いて、家以外でも問題を解くことが可能です。大学でも勿論のこと、電車の中などでも可能ではないでしょうか?また、上記で示したように裁判所職員の採用面接は男性にとっても非常に厳しいです。女性も全員受かるわけではないので、気は抜けません。そこで合格を掴むにはしっかりとした自己PRや志望動機を固めて面接に挑むしかありません。そういったときにオススメなのが以下の面接対策本です。すでにある程度もとになるコアが決まっている方は、それをどうやって言葉にしていくか?いかに面接官の心に響く表現が使えるか?そういった細かいテクニックの部分について非常に参考になる一冊だと思います。
本試験過去問題集 裁判所職員一般職 (大卒程度) 2016年度採用 (公務員試験)
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事