_ 予備校で授業を聞いて、さあ復習をするぞ!というときのおススメの方法 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

予備校で授業を聞いて、さあ復習をするぞ!というときのおススメの方法

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


主に予備校に通われている方に特に提言をしたいことは、予備校で授業を受けます。そして、その後復習をすると思います。予備校に残ってやっても、家に帰ってやっても良いと思います。そのときにはできればいきなり過去問題集を使って問題を解いてほしいと思います。

今さっき習ったことを過去問題集で定着させます。授業ではレジュメが配られてそれを見て復習するという方もいるかと思うのですが、あまり効率がよくないというか、科目数が膨大にあって、1つ1つの科目に丁寧に時間をかけている余裕のない公務員試験ではレジュメ1を1つ1つ細かく見ていくという作業はちょっと丁寧すぎる気がします。

結局、後で過去問題集を解くことになると思うので、レジュメに関しては参考書代わりに使う感覚で良いと思うのです。過去問題集使って解いていて、よく分からない!といった場合に助け舟として利用するのが丁度良いのではないか?と思います。辞書代わりみたいなものですね。

公務員試験での出題は過去問題集の繰り返しのパターンですから、過去問題集に載っていなくて、レジュメに載っている事項があったとしても、それが出題される可能性は相当乏しいです。確率の問題からいうと、レジュメを細かく読み込んで全ての情報を仕入れていくというのは非効率だと思うのです。

もう何もかも完璧!という方は新たな知識を吸収するためにレジュメを読むとか、細かいことまで載っている参考書を読むとかしても良いと思いますけど、そうじゃない人は出やすい問題、頻出度の高い事項から取り掛かるのが鉄則だと思います!頻出度の低い事項(過去問題集に載っていないもの)は確かに難問対策としては必要なのですが、後回しで良いと思います。

過去問題集に載っていない事項をレジュメ1つ1つから浚っていって勉強していくのであれば、過去問題集に載っていて、今後も出題される見込みがある程度ある事項をとことん極めるといった作業の方が本番でも点数は伸びるのではないでしょうか?

授業を聞いていれば概要くらいは頭に入っているでしょう。そんなあやふやな感覚で問題を解いていって良いと思います。というよりも、1つ1つのテーマ、科目について細かく理解をしてから過去問題を解いていって完璧に理解する時間的な余裕はおそらくありません。

とりあえず授業を聞いてなんとなくでも理解できれば、即過去問題集でアウトプットを極める!レジュメとか、参考書を眺めるのはどうしても理解できないわ...。とというケースだけにした方が後々のことを考えると良いような気がします。

私たちは法律とか、経済とか、政治のプロになるわけではないですから。これらを専門的な仕事にするために勉強しているのではなく(業務で使う科目も一部ありますけど)、公務員試験の筆記試験をパスするために勉強をしているわけです。したがって、本当に細かく理解する必要はないのです。筆記試験を突破する!という、その最短距離だけを意識して勉強していくのが効率的かな?と思いました。


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事