_ 公務員試験の模試を受けた後に実践してほしい模試の活用法 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の模試を受けた後に実践してほしい模試の活用法

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


最近、模試を受けたという報告をTwitter上でしている人を多く見かけます。模試については、今の時期は本格的なものは出ていなかったり、出題科目が少なかったりする場合もありますが、出来たらできたで良いでしょうし、できなくてもまだ本番まで時間もあるし!と切り替えていきましょう。

さて、模試を終えた後は1番やるべきことは弱点の分析でしょうか?科目あたりの出題数の少ない科目については、たとえ正解率が低いからといって、「私はこの科目が苦手なんだ...。」と思う必要はないと思います。ただ、できなかった問題については得意科目、不得意科目関係なしにちゃんと解説を読んで見直しておきましょう!

おそらく1回やっただけでは、すぐに忘れてしまいます。したがって、模試の問題と解説の冊子については公務員試験の関連本を持ち歩くときにはずっと持っていた方が良いと思います。学校に行くときとか、予備校に行くときとかに携帯していって、どこでも繰り返し参照できるようにしておきましょう。そうすると、頭に定着しやすいと思います。

模試は弱点の分析ということも必要なのですが、それよりもせっかく難しい問題も多数載っているので、それを問題集と使ってみてほしいと思います。皆さんが使っている過去問題集などには載っていないものもあるはずですから、せっかくの機会にそれを吸収して知識を増やしていってください。

年明けからは本格的な模試がいくつかあると思いますから、そこでも同じように模試を受けた後には模試を活用していってください!あと、あくまでも模試は模試ですから、結果については気にしないようにしましょう。


この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事