_ 文系の人で初めて地学を勉強するという人におすすめの参考書! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

文系の人で初めて地学を勉強するという人におすすめの参考書!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


私が地学を勉強する際に実際に使用していた参考書です。地学は別に参考書なくても大丈夫な科目のうちの1つだとは思いますけど、非常に多くの受験生もこの参考書を使用して勉強しているようですから、非常に支持を得ている良書ということが言えるのかな?と思います。

本書は一応大学受験をメインにした参考ですが、公務員試験として勉強するにしても差し支えありません。地学は多くの場合1問しか出ませんし、もしかしたら参考書を買ってまで勉強する必要のある科目ではないかもしれません。

ただ、いきなり過去問題をやっても全然分からない!助けてー!という方がいれば、1番おすすめしたいのはこの「決定版 センター試験 地学Iの点数が面白いほどとれる本」ではないでしょうか?地学の参考書自体がそれほどありませんから、良書自体も数も多くないでしょうけど、このシリーズ自体が受験生の中でも人気です!

中は大きくわけて4つのテーマです。それぞれのテーマごとに細かくトピックがあります。図や絵なども多用されていて、非常に理解しやすいように工夫のされている本です。したがって、地学を初めて勉強するという方でも割と使いやすい参考書だと思います。実際、私も地学を真面目にやったのはこれが初めてでした。

テーマが4つしかありませんから、時間に余裕のある人は1週間くらいで全部読み終わってしまうという人も多いでしょう。問題を解いていて、あれ?ここってどうだっけなー?と忘れてしまったときには再び読み返す辞書代わりでも使用できますから、使い方は人それぞれだと思います!

地学は文系の人だと、なかなか理解しづらい面もあると思いますから初めて勉強される方には本書を是非おすすめしたいと思います!地学は自然科学の中でも比較的点数のとりやすい暗記科目ですから、是非確実に得点していってください!


頻出の「天文」の分野などは理解がしやすいと思うので、とてもおすすめします!
決定版 センター試験 地学Iの点数が面白いほどとれる本

この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事