_ 「高齢化」のテーマで論文を書くときのアドバイス | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

「高齢化」のテーマで論文を書くときのアドバイス

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


高齢化が一段と進んできている今の日本では、高齢者にどうやって健やかに楽しく生きていってもらえるか?そういったことを考える必要があるのだと思います。論文試験で想定している高齢者とはおそらく65歳とかではなく、75歳以上などのもっと年齢の上の方の人たちを指しているのではないでしょうか?

多くの試験種で「高齢者が生き生きと暮らしていける社会、地域作り」を求める論文は頻出しています。ですから、すいった人たちが不安を抱えることなく、安心して暮らしていける社会とは何か?そして、それを実現するためには何が必要か?といったことを考えていく必要があります。

まず高齢者が生き生きと暮らしていける社会とはどんな社会なのか?ということです。高齢者にとっての最大の心配事はやはり介護ではないでしょうか?ある程度の年齢までくると、やはり補助的であっても、誰かが日常的な世話をしてくれる。そん。人の存在は大きいものです。

これまでは介護というと、家族の誰かが行ってくれるというのが慣習としてありました。しかし、それは現代においては非常に困難と言わざるをえません。というのも、平均寿命がどんどん伸びてきており、また、医療の進歩により例えば60代などの方はそこまで大きな病気にはなりづらくなってきています。

介護を必要とするほどの病気や健康状態になるのは以前と比べて、もっと年齢が上の人たちになってきています。ですから、それだけ自分の家族の年齢も上がってきてしまい、例えば高齢者のの子供も足腰が弱ってきたりしているため、家族に介護を任せるのはなかなか難しい時代になってきたのです。80歳の人を介護する55歳の子供といったケースも珍しくないわけです。

こうなると家族に介護を任せていくのは現実的に妥当ではありません。そこで行政が運営している介護施設などが重要になってきます。ただ、行政だけでは単純に数が足りないのです。また、恣意的な選別(介護しやすい人だけを受け入れる)などの行為も行われる可能性があります。さらに、対価も伴わないためにサービス向上の精神が働きづらく、利用者のニーズも無視されてしまうかもしれません。

ですから、ここはやはり民間企業にも手伝ってもらいましょう!民間企業ならば需要のある限り、多くの高齢者を介護施設に受け入れてくれると思います。また、複数の企業同士が競争すればどんどんサービスの質も良くなり、利用者にとっては満足度の高い介護施設になっていくと思います。

ただし、民間企業の場合は当然対価が伴いますから、お金のない人たちは利用できない事態もありえます。ですから、こういう弱点を補うのは行政なんです。結局、行政も民間企業もメリット、デメリットそれぞれありますから、どちらかに偏った選択をする必要はないということです。両方活用すれば良い。それぞれの長所でそれぞれの短所を補うという形がベストだと思います。

今は民間企業と提携して事業を行うことも多くなってきました。民間企業に頼れるところは頼って良いと思いますから、それぞれで力を合わせて介護事業を行っていけば良いのではないでしょうか?そのためには行政は積極的に企業を誘致していく必要もあるでしょう。高齢者の方々が安心して介護を受けられる社会の構築は今の若い人たちにとっては急務なのではないでしょうか?

この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事