_ 民法における「危険負担」はちゃんと理解していますか? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

民法における「危険負担」はちゃんと理解していますか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


民法における「危険負担」とは、双務契約の契約を行った後、実際に契約を履行するまでの間に一方の債務者の責めに帰すべきではない原因によって、一方の履行の提供が不可能になってしまった場合に、じゃあ、もう一方の履行はすべきなのか?それともしなくて良いのか?という問題です。ちょっとややこしいですね。

例えば、AがBと建物の売買契約をしました。Aが家を売って、Bが家を買うという場合です。Aの義務は家をBに渡すこと。Bの義務はAに代金を支払うことです。これに納得してAとBは契約を結びました。しかし、建物の所有権をBに渡す予定日の前日に、なんと台風によって家が飛ばされてしまった!?相当レアなケースでしょうけど。

この場合、AはBに家を渡すことが現実的に不可能になりました。しかし、BがAに代金を支払うということは現実的には可能です。果たして、この場合にBはAに家の代金を支払わないといけないのでしょうか?というのが「危険負担」の問題になるわけです。そのポイントをおさらいしておきましょう!

・契約成立前には「危険負担」は関係ない
危険負担はあくまでも契約成立後の問題ですから、契約成立前に台風で家が飛ばされても危険負担の問題は生じません。この場合は普通に考えたら契約不成立でおしまいとなるわけです。これは当事者双方が家が飛ばされたという事実を知っていても知らなくてもです。

・履行不能の原因が債務者にある場合
危険負担は履行不能の原因が債務者にない場合に問題になってくることなので、その原因が債務者にある場合、つまり家の修理をしていたら失敗して家が損壊してしまった!というような場合には危険負担は問題となりません。この場合、家を引き渡してもらう側の人は契約を解除して、まずは代金支払い義務を消滅させます。その後に損害賠償を請求するなどの手段をとれば良いのです。

・債務を履行した後に起きた問題については危険負担の問題は生じない
例えば家を無事に引き渡しました。しかし、その日の夜に台風が来て家が飛ばされてしまった!という場合には危険負担の問題は生じません。これはたとえ家を渡されて側がまだ代金を支払っていないような状態であってもです。

・債権者主義と債務者主義
危険負担の分野ではこの2つのややこしい言葉を区別していく必要があります。先ほどの例で言うと、台風によって家が飛ばされた場合に家を買う側が代金を支払わなくて良いという場合に適用されるのが債務者主義です。逆に、この場合に家を買う側が代金を支払わないといけないときには債権者主義という言葉を使います。

この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事