_ 公務員試験での筆記試験、面接試験の配点くらいは公表してほしい | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験での筆記試験、面接試験の配点くらいは公表してほしい

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験では国家公務員では基本的には配点はちゃんと事前に公表されています。しかし、地方公務員ではこれがされているところはあまり多くないです。されていたとしても、面接試験の配点が筆記試験の何倍あるようなところばかりで絶望感に打ちひしがれるだけですけど。配点を公表しないという理由を是非伺ってみたいですけど。ま、聞いても答えてくれるとは思えませんけど。

配点が分からないということはある意味、社会通念として異質と思える配点を課していても誰にも咎められないし、社会的非難を受ける恐れすらないということです。筆記試験10点、面接試験10000点なんて配点を仮に課していたとしても、それが世間の目に触れることはないから非難は当然受けない。私たちの知らないところでは何が起きているのか?全く予想できません。

上記で述べたのは極端な例ですが、コネ採用が頻繁に起きているところでは、改ざんがしづらい筆記試験のウェイトを低くして、どうにでもできる面接試験のウェイトを極端に高くするといったことは十分考えられるでしょう。コネ採用が頻繁にあって、それを隠すために配点を公表できないのか?そんな憶測すらしてしまいます。そして、それを知らない受験生は真面目に筆記試験の対策に打ち込む。これを仮に公表していたら、誰も受けないのでしょうけど。

公務員試験って、一応「公正」を謳っている割には、一部の試験種であまりにも隠蔽されている部分が多すぎると思うんですけどねー。問題も持って帰れない、正答も発表されない、配点も分からない、最終的には結果の詳細も分からない、といった現状が今の公務員試験です。受験生に配慮しろ!とは言いませんけど、何か公務員としてやるべきことをやっていない気がするんですよね。日本の公務員って本当にこんなので良いのでしょうか。
関連記事