_ 政治学の筆記試験対策 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

政治学の筆記試験対策

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


・政治学ってどんな科目?
これはまさに読んで字の如くといった感じです。政治といっても非常に幅広い内容を扱っており、政治制度(議院内閣制、大統領制、選挙制度)、政治の概念、政治学者の唱えた理論などを学習します。覚えることが非常に多いことが難点だと思われます。

政治学は社会科学の政治分野、時事などでも同時に出題可能性があります。ですから、専門試験の中でも非常に重要な科目であるといえます。政治全般について学びますから、しっかりと知識を定着していってください!

・どんな問題が出るの?
上記で説明したような問題が幅広く出ます。例えば議院内閣制では、国務大臣の単独責任も否定されない。選挙制度では、比例代表制は死票が少なくなり、少数政党にも議席を獲得するチャンスが有り、ゲリマンダーの危険性が少ない。政治学者では、国家というのは他の社会集団と同等の存在であるという「政治的多元論」を唱えたラスキなど。

このように政治に関する問題が幅広く出ます。特に政治学者については何十人と同じような名前の人がどんどん登場してきます。それらが選択肢に並ぶと、誰が誰だっけ...?と頭が混乱してしまうこともよくあります。政治学は範囲がとても広いですから混乱しやすい科目の1つです。

・どうやって勉強すれば良いの?
範囲が広いですが、やることは単純に覚えていくだけなので、スーパー過去問ゼミなどの過去問題集を使いましょう。それを最初からひたすら暗記していくことです。この政治学は憲法、行政学、経営学、社会学など、他の専門科目と密接に繋がっている科目でもあるので、できるだけ捨てる範囲も少なくしてきっちりと勉強してほしいと思います。

<おすすめ参考書>
公務員試験 行政5科目まるごとパスワード neo
公務員試験 行政5科目まるごとインストール neo
公務員試験 新スーパー過去問ゼミ3
関連記事