_ 公務員試験は朝早い!だから早く早寝早起きの習慣をつけておこう! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験は朝早い!だから早く早寝早起きの習慣をつけておこう!

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


多くの試験種で公務員試験は朝がとても早いです!国大法人なんて教養試験だけで、論文試験もないのだから午後からでも良いんじゃないの!?と思ってしまいます。しかし、どんな試験も基本的には筆記試験の開始の時間帯が9時~10時くらいです。その前には受付といって、受験票を確認する作業もありますから、結局8時半から9時くらいには試験会場に着いておきたいところだと思います。

そうなると、試験会場が近い人っていうのはあまりいないと思います。ですから、朝起きる時間というのも相当早くなります。私の場合、どの試験種でもだいたい6時くらいに起きてました。そしてかなり早すぎるくらいに家を出て、それで試験会場に向かって、相当早く毎回試験会場に着いています。まだ受付も始まる気配すらない段階で着いてしまっています。まあ、遅く行って遅刻するよりは絶対にマシですから。

こういう時間帯に起きて、家を出て、そして試験開始までに頭を冴える状態に持っていかないといけないとなると、非常に大変な習慣づけが大切になります。結構夜遅くまで勉強していて寝るのが遅い人もいると思いますから、今から直す必要はないかもしれませんけど、試験日の1ヶ月くらい前にはできるだけ早く寝て、早く起きる訓練をしていった方が良いと思います。大切な試験日当日に寝坊でもしたら大変ですから!
関連記事