_ 人文科学、自然科学は筆記試験直前に詰め込むという方法もアリ! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

人文科学、自然科学は筆記試験直前に詰め込むという方法もアリ!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


出ても2、3問でおまけに範囲がくそ広いという教養試験の人文科学と自然科学ですけど、これは早い段階から始めてもすぐに抜けちゃうので、試験直前でも良いような気がします。私の場合は試験直前だけではなくて日頃からちゃんと人文科学も自然科学もやっていましたけど、それも今得思えば非効率だったかな?という気がとてもしています。

試験前の1ヶ月から2ヶ月くらい前からとことん詰め込む!といったやり方で良いような気がします。おそらく人文科学も自然科学もそこまで時間を割いている人はいないでしょう。数的処理とか、専門試験の勉強で大変だと思うので、おそらく毎日やっていても少しずつになってしまうと思います。

そうなると、薄い記憶しか定着しないと思うのです。
そのペースでしかできないのであれば、本番では「あー、やったけど思い出せない!」ようなことになりかねません。本番でどうせそうなってしまうなら、じゃあ日頃から別の科目に時間をもっと割いて、人文科学も自然科学も直前期だけ集中して詰め込むといったやり方でも良いような気がします。

どうせ、この辺は満点を狙える科目ではないですから、こういったやり方でも必要最低限の点数はとれてしまうと思います。ですから、早い時期から無理して人文科学も自然科学も勉強する必要はないということです。時間的に余裕のある人は別に早くから勉強していっても良いとは思います。ただ、本番でもとれるかどうか?自信のない科目については本当に直前期に詰め込むやり方でも良いと思います。
関連記事