_ 地方上級の筆記試験は実は思った以上に難易度が高い!? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

地方上級の筆記試験は実は思った以上に難易度が高い!?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


地方上級は多くの公務員試験が受験生が受験する試験種だと思います。この地方上級は地方公務員の試験なので、筆記試験なども比較的簡単なのでは?と思う方がいるかもしれません。実際、過去問題集に載っている地方上級の問題は私も結構簡単じゃないか?と思っていました。

でも、本番の問題は結構難しくて大変だった記憶があります。中には国家一般職よりも地方上級の方が難しいという人もいます。正直、それもあながち間違いじゃない気はしますね。

地方上級の試験は大きく分けると全国型、関東型などに分けられており、横浜市のような独自型の試験もあります。横浜市は特殊だとしても、全国型、関東型などの試験種は各科目の問題数が違ったり、選択解答になってりうか?なっていないか?の違いなので、そこまで大きな違いはありません。

また、大半の問題も全く同じ問題が使われており、レベルにそこまで差はないでしょう。地方上級の場合は自治体によって多少誤差はありますけど、教養、専門合わせて5割越えていれば、一次試験通貨の可能性があります。5割5分越えていれば結構期待して良いくらいの点数だと思いますし、6割越えていればまず大丈夫じゃないか?という感じです。

そういう意味では、地方上級の筆記試験攻略の鍵はとにかく各科目を満遍なくやるということです。捨て科目をできるだけ作らないことが重要になります。教養6割専門6割を目標にしたいところだと思います。

そうすれば、まず一次試験は通過できると思いますので。地方上級では足きりは多分ないとは思いますけど、バランスよく教養も専門もとれるようにしましょう。面接試験はその多くが倍率2倍未満なので、そこまで難しく考えなくても良いでしょう。筆記試験を通過すればかなり最終合格が近づきますから、まずは筆記試験を通過できるように頑張りましょう!


地方上級は筆記試験の難易度が上記のように高いので、しっかりと対策をする必要があります。筆記試験では分量が多くて、さらに難しい問題が出やすい地方上級の試験をどう攻略するか?がカギになりますが、必要な知識を実際の試験で生かせる形で学ぶことができる「資格★合格クレアール」は非常におすすめといえます!筆記試験の対策では、特に効率性、有効性では非常に優れた授業を工夫して展開してくれている予備校としては、クレアールが1番おすすめでしょう!詳しい内容が知りたい方はホームページをご覧になったり、資料を請求してみても良いと思います。
資格★合格クレアール バリュープライスで資格試験の合格を目指せる通学・通信講座
関連記事