_ 「どうして留年したのですか?」という質問の答え方 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

「どうして留年したのですか?」という質問の答え方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


これは人の傷をえぐるような質問ですね。実は私も留年経験者でして、この質問にはどう答えようか?ずっと迷っていました。就職活動をしていた際にはこういった質問は1回も聞かれませんでした。今の時代は浪人だろうが、留年だろうが+1か2くらいなら別に気にする人もいないのかな?という印象です。私の場合は単に単位が足りなかったからです。

じゃあ、何で単位をとれなかったか?勉強が足りなかったのでしょう。もっと言うと、試験が難しい授業を選んでしまった。これはあると思います。もっと楽な授業を選んでいれば留年せずに済んでいたかもしれません。ただ、難しい授業を選びすぎた(楽な授業を選んでいれば留年しなかった)という答えはさすがに面接官の印象が悪いでしょう。

したがって、もう少し別な回答を考えないといけなかたのです。そこで私はアルバイトをしていたので、「そちらに熱中しすぎたため、学業がおろそかになってしまった」という回答で臨もうと考えていました。仕事に熱中したというのはそこまで悪い印象はないでしょう。留年というものは良い印象を与えられるものではないですけど、面接官の印象もそんなに悪くないらないかと思います。

ただ、同じような回答でもサークルなどはやめた方が良いかもしれません。サークルは好きでやっているでしょうから、面接官の感覚からすると「遊び」と思われてしまう可能性があるからです。アルバイト=偉い、サークル=偉くないみたいな固定観念を持っている面接官はたまにいると思います。したがって、このような回答をするなら、サークルなどの遊びと思われてしまう材料は避けた方が良いでしょう。

こういった質問は留年というハンデをいかに面接官にとって印象悪さを軽減できるか?がポイントになりそうです。私は別に留年が悪いものだとは思っていませんけど、多くの人は留年に対してマイナスイメージを持っていそうですから。
関連記事