_ 「どんなタイプの人間が苦手か?」という質問の答え方 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

「どんなタイプの人間が苦手か?」という質問の答え方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


非常に回答に困る質問だと思います。そのまま答えるのも何かネガティブですし、印象がよくない気がとてもします。こういった質問その苦手な部分が誰にでも納得のいく回答になるようにしてはどうでしょうか?例えば「ルールを守らない人」という回答ならば、誰もが頷けると思います。実はこういった回答の仕方がポイントになってくると思います。

さらに、公務員として働くうえでは組織の規範、ルールというものは絶対に守らないといけません。逸脱行為は厳禁です。したがって、ルールを守らない人が苦手というのはその人が公務員の仕事に対しての一種の正義感を持っている証拠にも思えます。面接官からしてみれば、公務員を志望する受験生にとってはある意味望ましい回答とも言えるかもしれません。

こういった質問をされると、「そのような人たちとどうやって接していきますか?」といったことを聞かれることもあります。これに対しては例えば上記の回答の例で言うと、「ルールは組織の構成員である以上、誰もが守らないといけないものですから、それを教えて守るように説得します」とかで良いのではないでしょうか?

今回の例では、明らかに苦手の対象となる人の素行が間違っているので、それを改善させることは明らかに正しいということになり、面接官への説得力も増すと思います。苦手なタイプの人間を自分の主観に頼った人に設定してしまうと、どう接していくか?という質問には答えづらいですし、説得力のある回答がなかなか思い浮かばない気がします。
関連記事