_ 財政学だけは必ず最新の過去問題集を買ってください! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

財政学だけは必ず最新の過去問題集を買ってください!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


予備校の過去問題集であれば、絶対に最新のものでしょうから特に心配は要らないとは思います。しかし、普通に書店で買った場合はたまに最新ではないものを買ってしまう場合があります。古本なんかで過去問題集を購入した方は特に要注意だと思います。

私は財政学はスーパー過去問ゼミを使っていたのでこれしか分かりませんけど、このスー過去の場合は今は3が最新版だと思います。しかし、だからといって3を買っても最新版である保障がないのです。スー過去は財政学に限っては「改訂版」というのが毎年出ます。スー過去の3が発売されだしたのが2年くらい前ですかね?ですから、毎年出る改訂版を買っていないと最新版ではないのです。

どうして財政学だけは最新版でないといけないのか?それは最新の財政に関するデータの問題が出るからです。例えば今年の一般会計予算は総額でいくらか?社会保障関係費にはいくら割かれているか?それは対GDPでいうと何%にあたるのか?といった問題が出るからです。

最新版でないと、最新のデータが載っていないので、古いデータを頭に入れて問題を解くことになります。そうすると、せっかく覚えたことが出たのに、データが変わっていて間違うなんて勿体無い事態も出てきてしまう可能性があるのです。

このような最新のデータや数値に関する問題は基本的には全て覚えるだけですから、最新の過去問題集を買ってきてそれをひたすら覚えるだけです。このような知識は実は時事問題や社会科学の科目でも必要になったり、生かすことができる場合があります。したがって、是非しっかりやっておいてください!
関連記事