_ 行政法の筆記試験対策 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

行政法の筆記試験対策

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


・行政法ってどんな科目?
行政法というと、あまり聞きなれない法律でしょう。私も公務員試験の勉強をするまでは名前すら聞いたことがありませんでした。この行政法という科目は一般的には行政機関と私人、または行政機関同士を規律したり、紛争を解決する法律です。行政法では聞きなれない多くの用語が出てきます。それらをきちんと理解することが行政法を攻略するためには必要です。

・どんな問題が出るの?
音大のパターンは無数にあるのですが、「取消訴訟」、「無効等確認訴訟」などの紛争を裁定するための制度そのもの、それにかかわる手続きなどが特に多いかな?という印象です。憲法と同様に過去に実際に起こった紛争、裁判の判決及びその判旨に関する問題も多くありますので、そういったものを1つ1つ覚えていく必要があります。

・どうやって勉強すれば良い?
行政法は案外苦手とする人も多い科目です。したがって、独学でも十分可能だとは思いますが、予備校に通う手もあります。私の場合は「クイックマスター」という問題集をひたすらやり込みました。お陰で、専門科目の中では得意な科目になっています!

行政法は法律系の三大科目である憲法、行政法、民法の中では1番高得点が狙いやすい科目です。したがって、やればやるだけ点数はとれるようになります。逆に難易度がそれほど高くない憲法はある程度の点数はみんなとれます。しかし、高得点が案外とりづらい科目なのです。行政法はやればやるだけ点数に繋がりやすいお得な科目です!

<おすすめ参考書一覧>
公務員試験 過去問新クイックマスター 行政法
行政法のまるごと講義生中継 第6版(→紹介記事を読む
関連記事