_ 2017年04月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員の労働環境はこれからどうなるのか?酷くなることはあるのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員の未来の働き方というのはどうなるのでしょうか?民間企業の従業員に関しては、機械に置き換えられるとされている分野が多くて、それによって職に就けない人の数が増えるということも言われています。そういう状況を踏まえると、人間が採用されづらい世の中になっていくということになります。機械の方が効率的に動いてくれるならば、コストがかかりやすい人間は働けなくなっていくのです。

そして、人間が相変わらず働かないといけない分野を除いては、機械に代替されてしまう分野においては、機械よりも安く済むケース以外では人間は採用されづらくなるでしょう。つまり、かなりの薄給や長時間労働などの過酷な条件下を呑まないと人間が働けない可能性があるのです。機械に代替できる分野で人間を雇うメリットがあるとすれば、機械以上に効率的に働いてくれるときだけです。

つまり、給料が無茶苦茶安くて、かつ長時間働いてくれるようなケースに限られる可能性があります。それは民間企業ではいずれ訪れる可能性があるとされているのですが、公務員ではどうなのか?ということになります。公務員の場合は民間企業と同じようにはコスト削減を迫られることはないでしょう。コスト削減をしないと生き残れないというのが民間企業の事情としてはありますけど、公務員ではそういったことは考えづらいのです。

だから、機械に代替できる分野があっても、機械の方が安いという状況があっても、あえて機械にしないということも考えられ、公務員が安泰ということはないものの、民間企業ほど働けなくなる人が増えるということはありえないと思います。公務員は競争に晒されているわけでもなく、コスト削減が至上命題となっているわけではないので、民間企業とは事情が違います。そこが働き方にも違いとして表れると思うのです。

公務員の未来の働き方は、今と全く同じとは思えないのです。多少なりともテクノロジーを採用して、効率化を図る部分はあるでしょうけど、人件費の削減をそこまで大々的に推し進めていくとは思えないので、民間企業の従業員ほどは劇的に変わるとは思えないのです。ただ、公務員の枠は狭まっていくと思います。

公務員試験の地理は文系にとってはきつい科目か?苦手な人も多い?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の地理という科目は文系の科目になりますけど、文系が全員得意か?というと、そうとも限りません。文系の人でも得意な人とそうじゃない人に分かれますし、理系でも地理が得意な人がいます。したがって、地理という科目は、他の人文系の科目とはちょっと捉え方を変えた方が良いと思います。地理というのは暗記科目ではない側面もありますから。

地理は暗記をすれば太刀打ちできる面もあるのですが、暗記だけでは対応できない問題がたまに出ます。センター試験とか、30何問解くようなケースでは、暗記のみで対応できる問題は全体の7割とかなのかな?だから、暗記しかしていないと絶対に穴ができてしまうのです。でも、公務員試験は2問とか、3問なので、暗記のみで対応できる問題しか出ないということもありえます。

しかし、1問くらいは頭を捻るような、知識だけじゃないような問題が出るかもしれないので、そういう想定はしておいた方が良いです。地理は知識も大事ですが、仕組みを理解して、それを応用していく力が必要なときがありますからね。公式を暗記して問題を解く数学tかの力に似ているのかもしれません。数学はそれが100%ですけど、地理はそれが一部ということになります。

だから、地理は文系の科目ということになっているのですが、日本史、世界史、文学芸術、思想などと比べると勉強の勝手が違うこともあるので、暗記分野だけやって、それ以外の知識ではどうにもならなそうな、別の考え方が必要かな?と感じた問題はパスするという方法もあります。地理を捨てる必要はないのですが、過去問を解いていて暗記でどうにかなる問題はちゃんとやって、そうじゃない問題はやらないでおくという対応でも良いと思います。

暗記だけでどうにかなる問題か?どうかは解いていてなんとなく感覚で分かると思うので、過去問をやるながら、これは繰り返し解くべきとか、これは繰り返し解けば、本番でも正解できると思える問題のみを練習していきましょう。地理の場合にはそういう勉強法が必要だと思うのです。過去問に載っている問題を全部解こうとしない方が良いのかもしれません。それは他の科目にも言えるかもしれませんけど。

特別区の面接対策はいつから?面接カードはいつ書くのが良い?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の一次試験の合格者に与えられる面接カードはいつ書くのが良いのでしょうか?特別区の面接対策はいつからやるべきか?というと、できれば一次試験の対策をしているときに、その合間に始めておくのが理想です。そして、面接カードに書く内容もそのときから考えておけると良いのです。逆にその頃から特別区の面接対策をしないと間に合わない可能性もあります。

特別区は一次試験から合格発表、そしてそこから面接日までは時間があるので、そんな早くから始めなくても良いのでは?と思うかもしれませんけど、できれば特別区の面接対策の時期はいつから?というときには早くからやっておいてください。余裕を持ってやっておけば後から修正も利きやすいと思うので、内容も良くなるのではないでしょうか?

特別区の面接カードは一次試験の合格通知と一緒にくるので、一次試験合格後じゃないと面接カードは書けません。だから、特別区の面接カードはいつ書くか?というのは一次試験合格後ごになりますけど、内容は早くから考えておいて、面接カードが届いたと同時に書いていくのが良いと思います。そういう余裕を持って面接カードについて考えていけると良いと思うのです。

特別区の面接カードを書くときには時期はいつが良いのか?というと、早い方が良いと思いますけど、面接カードの内容はいつから考えても良いです。だから、筆記試験の勉強をしているときから考えておきましょう。そして、そこで考えた内容を写せば良いだけなのです。特別区の面接カードはいつ書くのが良いのか?という問題と内容を考える時期は別ということです。

特別区の面接対策をいつからやるべきか?ということと特別区の面接カードの内容を考え始める時期は、筆記試験の勉強をしているときからであって、特別区の面接カードを書く時期というのは、一次試験合格後ということで考えておくと良いでしょう。でも、まずは特別区の筆記試験に合格しないといけませんから、その勉強をしていかないといけないですけど。