_ 2017年02月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

人工知能の活用によって公務員の数は将来的に減少するのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


民間企業では多くの分野で人工知能が活用されており、その範囲は今後さらに広がるとされています。もちろん、公務員の仕事においても機械に代替できる分野があると思われますが、将来的に彼らの仕事はどうなるのでしょうか?公務員の数は減少するのでしょうか?公務員の数に関しては減少する可能性があるとしても、新規採用の部分でだと思います。

既存の公務員の職はある程度守られるでしょう。行政としてもコストを抑えられることは重要なことになるので、人件費が安くて済むならばそっちの方がメリットが大きいと言えるでしょうが、具体的に代替できる部分がどれだけあるか?も問題になります。人工知能を活用すると1番変わるのは、やはり人間が思いつかない豊かな発想ができるという点です。

人工知能は人間同様に学習をしていくことができますが、人間は失敗を恐れますから、常識から外れたりする案をなかなか実行できません。それで失敗したときには叱責される可能性がありますけど、怒られるのを恐れますから。そして、人間社会は非常識を嫌う傾向にあるので、斬新なアイデアを生み出しづらい、生み出されても実行されづらい傾向にあります。

しかし、人工知能は機械なので、失敗を恐れませんし、どんどん非常識なことができます。非常識を嫌いませんから。人間が思いつかない斬新なアイデアを実行して、社会を豊かにしていくことがしやすいと思うのです。つまり、イノベーションが起きやすいということです。人間が人間である以上はこの部分ではまず勝てないでしょうから。その点に関して、機械は使える余地が大いにあると思います。

公務員も民間企業も組織で仕事をしていくことが多いですから、個人ではできることでも、組織の中ではできないことがあるわけですよ。その制限を課されている中で人間が仕事をしている間に人工知能は何の制限もなく、どんどんいろいろなことを試していけるので、いずれは能力的にも機械に人間は勝てなくなる時代がくるのではないか?と言われています。公務員も機械の飛躍によって、ある程度は人数を減らしても問題ないと言える時代がきているのです。

就活の面接で恋人はいるか?の有無について聞く意図や目的は?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動では恋人がいるのか?どうかを面接で聞かれることがあるみたいです。こういった質問に関してはその是非が問われることが多くありますが、いまだに多くの企業で聞かれているみたいです。公務員試験ではこういった質問は聞かれる可能性は限りなく少ないと思いますが、民間企業だとありえるでしょうね。民間企業はそれぞれの思惑がありますから。

民間企業はそれぞれによって採用において重視されている部分が違うので、それによって面接でしている質問が違います。したがって、企業の採用の方針によっては恋人がいるか?どうかを面接で聞いてくるのです。でも、そもそも就活の面接で恋人の有無を聞く意図や目的は何なのでしょうか?それは企業としてもちゃんとした言い分はあるみたいです。

理由はいくつかあるみたいですけど、恋人がいるとなると、は女性の場合には結婚が近いか?どうかを見極めるなどの意図があるようですね。結婚が近いとなれば、退職をされる可能性が高くなるため、それはリスクになるということのようです。あとは恋人がいないと社内恋愛をする確率が高まるからみたいです。社内恋愛がどう関係あるのか?という疑問はありますけど、過去に社内恋愛でトラブルを被ったことのある企業の人事はそういう質問をする傾向にあるようです。

恋人がいるから即結婚するわけではないですし、逆に言うと現時点で恋人がいなくても、その後できて結婚ということはありえます。また、社内恋愛のケースに関しても問題に発生するか?どうかはケースバイケースなので、何とも言えません。それに恋人が現時点でいても、その人と別れて社内恋愛をするかもしれないので、それを面接で聞いても意味があるのか?は分かりません。

恋人に関する質問をされると、何て答えて良いか?分からないこともあるでしょう。答えたくないとか、回答を拒否する姿勢を見せてしまうと、恐らく即不合格になると思うので、そうなっては困るという人は正直に答えるか?他の回答を考えるか?しないといけないとなります。そういう質問をするような企業は辞退したいという人もいると思うので、それもありと言えばありではないでしょうか?

公務員試験の勉強では法律の改正に注意しないといけない

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験を受験しようとしている人に対して注意しておきたいのが、法律の改正です。公務員試験の受験科目になっている法律科目の中には法律が変化する可能性を持っているものが含まれていますし、実際に変わっていることがあります。それが公務員試験の筆記試験の点数にも影響することがあるので注意しておいてください。

例えば、行政法や民法などは公務員試験でも重要な科目であり、みんな勉強していると思うんですけど、これらの科目はよく注意していないと法律が改正されたことに気が付かない場合があります。行政法や民法だけではないのですが、法律が改正されて、その部分が仮に出題されていたりすると、改正されていることに気付かないで勉強をしていた人は、間違えてしまう可能性があるのです。

法律科目の改正については、予備校に通っている人はホームルームとか、法律科目の授業などで知らせてくれると可能性がありますけど、独学だとそういったチャンスがありませんから、自分で調べないといけないということになってしまいます。そういったことをしていかないと間違って覚えてしまう可能性があるのです。そして、問題は他にもあります。

使っている過去問が最新のものであれば、改正された法律がちゃんとそのまま載っている可能性もあると思うのですが、ちょっと古いものを使っているとなると、改正された法律があっても、改正前の情報として載っていることがあると思うのです。そうなると、それも勘違いしたまま覚えてしまうことにつながりかねませんから注意をしてほしいと思います。

公務員試験の過去問はいろいろな事情があるかもしれませんけど、できる限り最新のものを購入するようにしてほしいと思います。これは法律科目だけに限りません。いろいろな科目に共通して言えることです。したがって、公務員試験の勉強を始めるときには過去問を買うと思いますけど、最新のものを探して買って使うようにしてほしいと思います。