_ 2016年12月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の時事対策に民間企業用のものは通用するのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の時事問題では事前に対策をしていかないといけないでしょうけど、そのときにはどういった参考書を使うのが良いでしょうか?基本的には公務員試験用の時事対策本があるので、それを使っていけば良いのではないか?と思います。公務員試験では速攻の時事という有名な本があるので、そういったものを使っていくと十分に時事対策ができると思います。

しかし、民間企業に向けた時事対策本や一般常識のための本の方が種類は多いです。したがって、より良いものがあるのではないか?と思うかもしれません。しかし、公務員試験と民間企業の時事問題はやや性質が違う気がします。あとは出題される範囲の傾向がやや違っている気がするのです。

それぞれの過去の出題傾向に沿って、それぞれの時事問題の参考書は作られているので、それぞれにとって1番良い出来になっていると思います。速攻の時事は公務員試験の過去の出題傾向から、こういったところが狙われるというので作られているはずなので、速攻の時事に載っていることを勉強してみれば、公務員試験の時事問題で1番点数がとれる可能性があります。

公務員試験に関しては速攻の時事などの専門的な時事対策本があるので、そちらを使った方が良いと思います。ちゃんと出題傾向に沿っており、どこが狙われるか?どういう問題が出るか?までちゃんと考えられてまとめられていると思いますから、民間のものを使うよりも点数はとりやすいと思います。民間と比べると公務員試験の方が時事問題のレベルが高い気もします。

だからこそ、より専門的な本を使って勉強をした方が良いと言えるのです。民間企業の時事問題の対策をするときには、逆に速攻の時事までやる必要がないというか、合わない可能性がありますから、そういうときには民間企業用の就活の時事対策本を使うと良いと思います。ちゃんと守備範囲がそれぞれあると思うので、それに合ったものを使っていくと良いでしょう。

公務員の市役所職員の夏休みはどれくらい?何日くらいとれるのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員の夏休みというのはどういった感じで取得しているのでしょうか?これは気になる人も多くいるのではないか?と思います。公務員といっても幅広いですけど、市役所職員というくくりで言うと数日程度がとれることになっているようです。ただし、何日か?というのは厳密には言えません。最大で1週間くらいでしょうか?夏休みということで、有給休暇を使わずに休みがとれます。

基本的には7月から9月の後半くらいまでの間に数日間自分の都合で夏休みをとれるようになっていると思います。日程がいつか?というのは指定されるわけではなく、自分で決められる場合が多いと思います。自分で決められますが、同じ市役所内の、部署ごとに調整がされたりするので、希望通りにはならないこともあると思いますけど。

ただ、この3ヶ月くらいの期間の中で割と好きな時期に夏休みをとることができるのが、公務員の中の市役所職員になるのではないでしょうか?お盆休みの前後に夏休みをとる人が多いのかもしれませんが、そういった時期に集中する可能性があるので、特定の時期に集中すると、その時期には夏休みをとれない可能性もありますからね。

公務員の夏休みは恐らくサラリーマンと状況はあまり変わらないと思います。そんなに長くは休めないですけど、ある程度自由うに休める時期が選べるとしたらそこは良いところと言えるかもしれません。大人になると学生時代のような長期間の休暇はまずとれません。夏休み期間中に有給休暇を使うという手もありますけど、それでも限界がありますから。

そういう意味では、学生時代は恵まれていたのかな?という気もしますけど、大人になると休みは本当にとりづらいですから、そういった中で生きていかないといけないという意味では、公務員も大変でしょう。公務員になったら、夏休みはそこまで多くはとれないと思いますけど、貴重な夏休みなので有意義に使ってほしいと思います。

就活では人事がSNSを活用してチェックする?見られる?←もう古いかもしれない

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就活生はSNSをやっている人も数多くいると思いますが、そのSNSが脅威になることもあるので知っておきましょう。これは公務員試験も同様です。採用側がSNSなど、受験生の普段の様子をチェックできるツールを監視している可能性があります。こういったことはいろいろ言われています。面接後とかに会社のオフィスを出た後もしばらく尾行しているとか、控え室に人事の者を紛れ込ませて様子を窺っているなどをしている可能性があります。

就活や公務員試験ではそういうチェックがSNSまで及んでいる可能性があります。実際どうなのか?は分かりませんが、就活や公務員試験ではSNSは見られると思った方が良いと思います。見られている可能性は高いでしょう。使える方法は何でもやってくるはずですから。先ほどの尾行や控え室での観察などもその1つの手法です。

就活ではSNSは見られていると思った方が良いと思うのですが、チェックするといっても限界がありますよ。だって、こんな情報は完全に浸透してしまっているじゃないですか?多くの就活生は人事がSNSをチェックしているなんてことは聞いたことがあるでしょうから。そうなると鍵をかけるとか、対策自体はしていそうです。下手なことは書けないとか、ちゃんと意識して対策している人が多いと思うので、就活や公務員試験でSNSを人事がチェックして活用するというのもどこまで有効か?は分かりません。

したがって、就活では人事がSNSをチェックしているのは当然かもしれませんが、就活生もSNSが見られるというのは承知でしょうから、見られていることを前提に使っている人も多そうです。ただ、就活で人事がSNSを活用していると話題になったのは数年前なので、みんな鍵をかけるとか対策をしている可能性もあり、別のやり方に変わっている可能性があります。

面接など人事と対峙したとき以外の素の姿をチェックする方法は常に探っていると思いますから、SNSに気をつけながらも普段の生活全般で気をつけていかないといけないと思います。公務員試験の受験生や就活生はSNSも見られていると思いながら生活していかないといけませんが、いつ人事にチェックされているか?を考えながら日々緊張感を持って過ごしていきましょう。

面接官の態度は合否に関係ある?優しい、高圧的で厳しい場合はどうなる?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


面接官の態度が合否に与える影響というのはなんとなく大きいのではないか?と思っている人もいるのではないでしょうか?例えば、面接官が妙に優しい感じだと、ちょっと怪しいと感じる人もいると思うのです。面接官が厳しい感じや高圧的な感じでも、あまり良い気分ではないかもしれませんけど。こういった部分は合否に関係あるのでしょうか?

公務員試験でも民間の就活でも、面接官の態度は関係あると言えば関係あるし、関係ないと言えば関係ないと思います。というのも、基本的に面接官は態度にあまり出さないと思うんですよ。したがって、基本的には面接官の態度が優しいとか、厳しいとしてもあまり合否には関係ないと思います。しかし、意図的に態度に出している場合があります。

それが例えば圧迫面接などになります。このケースでは面接官の態度が高圧的だったり、厳しいというのが合否にかかわってくるでしょう。意図的に態度に出しているならば、その時点で見込みのある受験生と判断していることになるでしょう。圧迫面接などは期待がかけられている人に行われやすいと言われています。ダメだと判断された人は気持ちよく帰ってもらうために優しい感じで終わらすと言われているのです。

これはそう言われているだけで本当か?どうかは分かりません。しかし、圧迫面接をやる以上は企業にもリスクがあるので、そのリスクを犯してでも素を見たいと思うような人ということも言えると思います。この場合には面接官の態度が合格フラグというか、合否に関係してきます。しかし、圧迫面接などの面接官の高圧的な厳しい態度でも、必ず合格するとは言えません。見込みがあると思われたとしても、その後面接をしてみたらその見方が変わる可能性もありますから。

圧迫面接などをやらないケースでは面接官の態度が優しいとしても受かることはあるでしょう。たまに面接官の態度が優しすぎるくらいのことがありますけど、そういったケースでも受かることは考えられます。面接官の態度が厳しいや優しすぎるとしても、それが意図してなのか?自然でなのか?は確実に読めないので、面接を受けた側が面接官の態度によって合否に関係あるか?どうかは確実には分かりません。