_ 2016年11月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の模試の結果や判定はあてにならない?本番より低い点数になるのが自然

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の模試を受けても結果はそんなに気にしなくて良いと思います。公務員試験の模試は私の経験上ではそんなにあてにはならないと思うからです。公務員試験の模試はたいてい受験する1、2ヶ月前くらいまでに受けるケースが多いと思いますけど、その時期に受けたものからたいていは点数が上がります。真面目に勉強をしていれば。

あと、模試の問題は難易度がある程度高いケースが多いです。私はTACの模試は受けたことがありますけど、TACの模試は実際の問題よりも難しく感じましたね。特別区の筆記試験に関して言えば、私は模試よりも本番の点数の方が15点くらい高かったですからね。だから、模試よりも本番の点数が低くなるということは考えづらいですし、たいていは上がると思います。

したがって、模試の点数が本番だったらボーダーラインを越えないと思われる状況でも心配はいらないということです。よほど悪いケースは別ですけど、模試を受けてから勉強をすることで点数も上がりやすくなりますし、模試の問題のレベルの差が違いますから、その部分も考慮していくべきと言えます。

公務員試験の模試は判定も出ると思いますけど、判定は問題の難易度の差などを考慮して出ると思うので、判定に関してはあてにならないとまでは言えませんが、そこで悪い判定が出ても、そこから勉強をして受かる確率をどんどん上げていくことは十分可能ではないか?と思います。したがって、公務員試験の模試はあてにならないわけではないが、気にしない方が良いと思います。

模試の成績は良ければ自信にして良いと思いますけど、悪かったとしてもそれは本番の点数とはあまり関係ないと思った方が良いでしょう。特に点数が低い人ほど本番までに上げられる余地があるので、そこからしっかり勉強をしていくことで、模試の点数から10点、20点くらい上げるのはそこまで難しいことではないかもしれません。模試は本番よりは低い点数が出るものだと思って、結果を受け止めましょう。

公務員試験や民間の就職活動はFランク大学は有利な面もある?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験は面接重視です。そのため、面接の対策に優れた大学がそれだけ有利になりやすいということも言えなくはないと思います。それはどういう大学か?というと、学生の数がそれほど多くない大学で、かつ就職に力を入れないといけない大学です。その筆頭がFランク大学になります。当然、偏差値で劣るFランク大学は学生を集めるために、知名度や偏差値以外で魅力をアピールしないといけません。

そこが就職実績や就職率という部分になります。つまり、Fランク大学は有名大学より就職に力を入れないと生き残れない事情があります。有名大学は力になってくれないわけではないですけど、就職に力を入れなくても優秀な学生が就職実績を作ってくれたりしますし学生もちゃんと入ってくれるのです。したがって、有名大学はそれだけ就職に力を入れる理由が乏しくなります。

しかし、Fランク大学のようなところは就職に力を入れないといけないので、各学生の面倒をよく見てくれます。民間企業ではなくて、公務員試験の場合には一概にそうとも言えない部分はあるかもしれないですけど、学生がそこまで多くないような大学であれば、1人あたりに細かいケアもできるので、面接カードの添削や模擬面接などを受けやすくなって、結果面接試験の実力がつきやすくなるというのはあると思います。

そういう体制が整っているのが有名大学よりはFランク大学なのかな?という気がします。Fランク大学とか、大学名で不利になるようなことは公務員試験は考えづらいです。学生が少ないから1人1人の面倒が見やすいという意味では女子大も当てはまるかもしれません。Fランク大学は学生が多くないところが多いということに加えて、就職に力を入れないといけない理由があるという点が大きいと思います。有名大学は学部や学生の数が多いところが多いですからね。

だからこそ、面接が苦手な学生は有名大学よりはFランク大学の方が合格可能性が高い場合もあるかもしれないです。特に民間企業に関しては就職に力を入れている大学はかなり頑張ってくれると思います。したがって、公務員試験に関してもそれと同様に面接に受かるだけの力をつけられる可能性があるのではないでしょうか?だから、大学の就職課を上手く利用すれば少しでも合格可能性が上がる可能性があります。

会社説明会で道に迷う、迷子になることを想定して家を早く出る必要性

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


会社説明会に行くときにはその企業のオフィスに初めて行くおというケースも少なくないと思いますけど、初めて行くからこそ、どうしても道に迷うケースが出てきます。道に迷うと遅刻をするリスクもあるので、是非気をつけてほしいですが、道に迷うということを避ける方法はなかなかないでしょう。事前に1度行っておけば良いですけど、そこまでの手間をかける人は少ないと思います。

したがって、基本的には初めていく会社の会社説明会では道に迷う可能性があるというのは常に考えておくべきです。私も何度か迷いましたから。私の場合には時間に余裕を持っていたので、そんなに焦りませんでした。そのうち着くだろうくらいに考えていました。遅刻をするということはなかったと思います。だから、唯一と言える回避策はそこになるのではないでしょうか?

会社説明会で道に迷うリスクを0にする方法はないけど、道に迷っても問題ないような状態にしていくための方法はあるということです。それくらいしかないですよね。あとはスマホで道案内サービスとかもありますけど、焦っていたりすると上手く使えないケースも出てきます。そうしているうちに時間だけが過ぎていくということもあるので、やっぱり精神的に安定さを持ったまま最初の会社説明会に行ってもらいたいですから、早く家を出るということが重要になります。

私の体験談ですけど、私は遅くても20~30分くらいまでには着くようにしていた記憶があります。結構、基本的には40分くらいまで着くようにしていて、会社説明会に行くときに迷子になっても大丈夫と思えるような精神的な余裕を持って、毎回参加していたのです。そのくらい余裕を持って家を出れば全く問題ないと思います。

会社説明会で迷子になって遅刻したりすると、その後に響く可能性もあるので、参加する企業はそれなりに受けたいと思って受けているのでしょうから、しっかりと間に合うようにしていきましょう。1度家を出る時間を早くすれば、その後は慣れでそのまま早く出られる可能性もあると思いますから。こちらも最初が肝心です。会社説明会で道に迷うことを想定して、家を早く出る訓練をしていきましょう。

修学旅行は囚人並みの生活?ゲームや漫画が禁止されたり自由が少ない?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


修学旅行中ってよくよく考えたら、自由時間ってほぼないですよね。旅館に泊まっているときもできることは限られているじゃないですか?普段ならば、家に帰れば何でも好きなことできますけど、修学旅行中は持っていけるものも制限がありますし、トランプとかはOKだけど、ゲームや漫画はダメみたいなところもあるんじゃないですかね?でも、こういうのって変な気がします。

修学旅行は外で回ったりしているときはともかく、旅館の中にいるときは家の中にいるときと変わらないと思うんですよ。つまり、教師の監視下からは心理的には離れても良いのではないか?と思うのです。だから、ゲームや漫画くらいならば全然OKだと思うんですよね。旅館の中にいるときですら、自由に時間を使えないとなると、囚人に近いですよ。

旅館にいる間も好きなように時間を使えない、好きなことをできないとなれば、本当に囚人ですよね。修学旅行がつまらないと思っている人の中にはそこも原因としてあるかもしれません。基本的に許されている行為で満足できれば良いけど、そうじゃない人もいますから。修学旅行期間中は生徒も教師も自由時間はないと。常に学校の監視されているわけですからね。

ゲーム機や漫画くらいかなり些細なものなのだから持って行って良いじゃないか?と個人的には思います。そして、旅館の部屋にいるときにはできるだけノータッチにしてもらいたいですよ。修学旅行がつまらないと感じている人は、そこだけが原因ではないと思いますが、いろいろとストレスが溜まるんですよね。就寝時間とかも決められていますから。本当に囚人みたいですね。

修学旅行で当たり前に行われていることって、不思議でしょうがないです。2泊3日だとすると、2日半の間は学校の監視下にあるということになりますからね。自由はないこともないけど、それは囚人もそうだしって感じ出し。主人程度の自由しかない期間が数日続くわけだから、今思い出してみても修学旅行って何かおかしいなと思える面もあるのです。修学旅行がつまらなかったというわけではないが、私の場合には大人になって考えてみると、なんかねーって感じです。せめてゲームや漫画は持って行って良いでしょうに。