_ 2016年10月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の時事問題は対策本が出て以降の出来事が出るかもしれない

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の時事問題は毎年2月くらいにテキストが発売されると思います。したがって、その時期までの時事問題として出題が予想される内容が載っているのですが、2月以降に起きたことというのも、もちろん出題の対象になることがあります。したがって、勉強機関をある程度確保するために、発売をやや早めにしている面もあると思いますけど、それ以降も時事の勉強をしていく必要があるかもしれません。

公務員試験の筆記試験は6月くらいからスタートすると思いますから、それだけでも4ヶ月くらい空いています。さらに市役所C日程とかは9月になりますから、時事の対策本の発売から7ヶ月くらい空いていることになります。それだけの期間が空くと、時事問題として出題が十分予想されるような出来事があるかもしれないのです。

だからこそ、時事問題の対策本を1つ買ってそれをひたすら勉強しても、まだまだそれではカバーできない範囲が生まれていることになります。これはしょうがないんです。でも、時事対策本が出た後にも勉強を自分なりに継続していくか?どうかは点数に結構違いを生むかもしれないです。1点、2点くらいは変わる可能性もあります。

ただ、時事問題って、範囲が予測不可能というか、どんなところから出るか?分からない難しさもありますから、あまり時事問題の対策に時間をかけるのは得策ではありません。時事対策本に載った内容以外からももちろん出ることがありますし、時事対策本が出て以降の内容が出ることもあるので、そういった対策をしていくことは有効ではありますけど、やった分だけ点数に反映しづらいというのも時事問題の特徴でもあるのです。

だから、そのバランスをどうするか?が重要になります。時事問題はやりすぎてもダメだが、やった方が良いのはあるので、これはどういう作戦をとるか?にもよりますけど、他にやることがないようなケースに限っては、時事問題くらいしか点数を伸ばせないと思えば、時事問題を自分なりに対策本を使って、それ以外を使って勉強していくと良いでしょう。

意外な事実?公務員は実は過労死が起きるリスクが高い職業か?

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


民間企業での過労死や過労自殺の話題が世間をにぎわせることも多いですけど、こういった問題が起きやすい状況というのがあります。話題になった電通というのは、その過労死が起きやすい条件を満たした企業でもあるのです。それは何か?というと、大企業っていう点です。別の言い方をすると、頑張って働けば将来には見返りが期待できる企業ということです。

頑張って働けば待遇がよくなりやすい、将来に期待が出来るのが大企業です。一方、中小企業以下は頑張っても将来に見返りがない、期待ができないという部分があるのではないでしょうか?そうなると、現状きつい労働があっても、それを我慢する意味があまりない。転職した方がいいんじゃないか?という気持ちに傾く可能性があります。

しかし、電通のような企業であれば、今はきついとしても頑張って働けば将来に見返りがあると思える企業ですから、今がきつくても転職なんかしないんですよ。転職をして電通以上の企業に就職は厳しいでしょうから。電通以上の企業なんてなかなかないと思えるから、電通で我慢してしまうっていうのがあるでしょう。結果、過労死に至るまで働き続けてしまうということがあるのでしょう。公務員でも同じようなことが起きますよね。

公務員っていうのも待遇自体はめぐまれていると言えるでしょう。我慢して働いていれば、出世して給料が上がっていくというビジョンが見えますから。公務員も現状に我慢してしまう人のリスクは高いと言えるかもしれません。公務員も離職率はそれなりにありますから、辞めていく人もいるんでしょうけど、電通と同じような環境にあるという部分も言えると思うのです。

公務員という職業は将来に対する見返りは十分あるでしょう。したがって、我慢する意味ってあるわけです。でも、我慢する人が増えると過労死リスクなどが増えることになります。公務員の労働は民間並に長時間労働になることは少ないでしょうし、そういうときがあっても頻繁に行われることは少ないとは思いますが、公務員の仕事量はどんどん増えつつあるような時代ですから、今は大丈夫でも今後はこういったリスクが増える可能性があります。

合同説明会に複数回行く意味はある?何回も、何度も行く必要性はあるのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動において、合同説明会というものがありますけど、これは行く人もいれば行かない人もいます。そして、合同説明会は何回も行くという人もいると思うのですが、何度も行く必要性はあるのでしょうか?何を求めて合同説明会に行っているか?にもよると思うんですけど、合同説明会に複数回行く意味はそれほどあるような気はしません。

というのも、合同説明会に1回でも行く意味があるか?というと、意味がないと答える人も多くいます。したがって、合同説明会に行く意味自体がそもそもあるのか?という問題にもかかわってきます。合同説明会に行ったところで、そこで得られるものは、結局個別の会社説明会で代替できてしまうので、はっきり言って合同説明会の果たす役割ってなんなんだろう?とも思えてくるのでしょう。

合同説明会は何回もやっていますから、何個も行くということもできます。しかし、そもそも合同説明会に行く意味があるのか?という部分もありますし、1回すらも行く意味がないとすれば、当然ですけど合同説明会に何度も行く必要性はないということになります。合同説明会は就職活動に対するモチベーションアップの効果もあると思うので、そういう意味ではそこを狙うならば1回くらいは行っても良いかもしれませんけど、合同説明会は何回も行く必要はないのかな?とも思えてきます。

合同説明会は客観的に見たら何度も行く必要性はないと思いますし、1回すらも行く意味がないと言える面もあると思います。ただし、個別で合同説明会に行く目的があったり、行く意味を感じているならば行っても良いと思います。それが先ほど言ったようなモチベーションの問題とも言えます。合同説明会に複数回行く人はそんなに多くはないと思いますけどね。

合同説明会は何回も行く必要性はあまりないが、何度も行っても構わないとは思います。ただ、ちゃんと目的意識を持って、何のために合同説明会に行くのか?何のために合同説明会に何度も行くのか?を考えないといけません。なんとなく時間を使ってしまってはもったいないので、ちゃんと考えて行動していきましょう。

公務員試験の面接でバイトの期間を捏造、水増し、嘘つくとばれる?ばれない?調べられることはまずないが

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接でバイトなどの期間の捏造をすることはあまり宜しくないとされていますが、実際やったところであまり意味があるような気はしません。公務員試験の面接カードとかにバイトの期間を書くこともあると思うのですが、そういったときに期間の水増しをすると長く働いていたアピールになりますから、それが有利になるのではないか?と考える人もいると思うのです。

しかし、公務員試験の面接カードでバイトの期間を水増ししても、それが有利になるか?というと、あまりそうは思えません。というのも、バイトの期間を長くしたところで、そもそも面接官は評価する可能性は低いと思うからです。公務員試験の面接官は別にバイトをしている学生じゃないと採用しないわけじゃないですし、バイトをやっていない人でも問題なく採用されます。民間企業とかだと顕著ですけど、バイト経験よりも結局は潜在的な能力に期待されている傾向が強いです。

そうなると、バイトをやっていればやっているに越したことはないし、長くやっていれば長くやっていることに越したことはないけど、そんなに評価に差があるものではないでしょう。無茶苦茶短期間で辞めているとか、極端なケースはともかく、常識的な期間になっていれば、バイトの期間が長いか?どうかはそこまで重要ではないでしょう。実際、公務員試験の面接でバイトの期間などを調べられることはないでしょうけど、水増ししたりする意味は少ないと思います。

公務員試験のバイトの期間を捏造して得られるものか?あまりないと思います。リスクもないかもしれないですけど、やる意味があるとは思えないので、公務員試験でのバイトの期間の捏造はおすすめしません。公務員試験の面接カードでのバイトの期間の捏造や水増しはばれることはあまり考えづらいですが、ばれないとしてもリターンがあまりないのです。リスクしかほぼない気がします。

面接で自分からバイトの期間についてアピールしない限りはあまり追求されることもないと思いますから、その際には面接官はバイトの期間なんてほとんど気にしていないということになるでしょう。したがって、公務員試験の面接カードでバイトの期間を捏造してもばれることはないとしても、調べられることはないとしても旨味があまりないのでやめた方が良いです。あと、後ろめたい気持ちがあるならば余計にやめた方が良いと思います。

公務員試験の面接でのバイトの期間の捏造などはばれないとは思うが、嘘をつくということでそれが心理面に影響してしまうこともあり、それが合否に影響する可能性の方がむしろ高いのでは?と思います。だからこそ、公務員試験の面接においてバイトの期間を嘘ついて捏造することのメリットよりはマイナス面の方が大きい気がするので、やめた方がいい気がします。公務員試験の面接でバイトについて調べられることはまずないと思いますけど、リターンよりもリスクの方が単純に大きいと思いますから。