_ 2016年08月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

性格検査は受からない、落ちるという概念はない?目的は面接の資料か?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や民間の就職活動では性格検査というものが行われますが、これは受からないとか、落ちるという概念はあるのでしょうか?試験として実施するものなので、何かしら関係するのでしょうけど、この性格検査そのものは受からないとかそういう性質のものではない気がします。性格検査をどの程度重要視するか?というのは、企業とか、自治体によっても異なるでしょう。

性格検査の目的そのものも企業や自治体によって違っている面は大いにあると思います。しかし、性格検査はの目的としては面接試験の材料にするというケースが多いと思うのです。公務員試験の場合にはあらかじめそういったことを明言しているケースもありますから。公務員試験の場合には筆記試験の時点でやるところもありますし、個別面接の前に実施するケースが多いでしょう。

民間企業でもだいたいSPIなどと一緒にやるケースが多いと思うので、面接の前ですよね。すると、やはり性格検査の目的というのは面接何かしらの材料として使うケースが多いと思います。だから、性格検査そのもので受かる、受からないとかそういう合否結果のようなものはないのではないでしょうか?そもそも民間ではSPIと一緒に行うので、結局何が原因で受かる、落ちるというのは分かりづらいです。

だから、性格検査が原因で落ちるということは考えづらいですし、それを証明する方法もないです。公務員試験に関しても性格検査は単独行われるわけではなく、筆記試験と同時や集団面接や集団討論などと一緒にやるケースが多いので、性格検査で落ちるということは分からないのです。原因が特定できません。したがって、性格検査が原因で受からないということは考えづらいですし、そういったことは証明のしようがないのです。

性格検査の目的がそういったものならば、合否結果は出さないでしょう。だから、性格検査は落ちるということはないと思いますし、性格検査がどういう結果になっても一緒にやる試験次第でその選考に通るか?どうかが決まると思いますし、通ったならば個人面接では面接をするときの参考資料として活用していくのではないでしょうか?

公務員試験の過去問は何冊やる?何年分やる?何周もしないといけない!

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の過去問って何冊やれば良いのでしょうか?スーパー過去問ゼミ、スーパートレーニング、クイックマスターなど、複数の過去問題集が販売されており、それぞれで収録問題や問題の数といったものが違っていることも多くあります。したがって、複数やった方がやれる問題の数が増えたり、いろいろな問題に触れられるので、合格可能性が上がるのでは?と思うのかもしれません。

理論上はそうですね。ただ、限られた時間の中では一冊を完璧にするのでも難しいです。多数の科目があるので。そうなると、完璧になってもいないのに、次の問題集に手を出すのは得策とは言えないでしょう。一冊が完璧になっていないのに、別の種類の茂大修右に手を出しても、得られる知識量はそんなに変わらない。だから、やってはいけないとは言わないけど、やる意味がそんなにあるわけではないと思うのです。

基本的には限られた時間で、多くの科目の勉強をしないといけない状況では、一冊やるのが精一杯です。だから、公務員試験の過去問は何冊やれば良いか?は一冊でOKですし、公務員試験の過去問は何周もしましょう。1周じゃ足りません。5周、6周とかしてほしいです。それが仮にできて完璧になったならば、もう1冊別の過去問に手を出しても良いかもしれませんが、でもそれをやるくらいならば苦手科目に時間を注ぐという方が良いかもしれません。

公務員試験の過去問は何年分やれば良いか?というのも同じですね。結局、もう一冊手を出すという意味では一緒ですから。同じ過去問のシリーズか?別のシリーズか?の違いでしかないので、公務員試験の過去問は何年分やれば良いか?というと、買った問題集の1年分のみで良いのではないでしょうか?

公務員試験の過去問は何周もしないと意味がありませんし、何周しても完璧になるのは難しいと思います。そういう意味では各科目ごとに買った一冊の公務員試験の過去問を何周もしていくというのが、究極の勉強法になると思います。1つを完璧にやるというだけでも、本当に大変ですけど、現実的にとれる策の中ではこれが1番理想的じゃないか?と思います。

履歴書の写真の貼り方でのりを使うか?両面テープを使うか?どっちでも良いのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や就職活動などの履歴書などで写真の貼り方はどうしたら良いのでしょうか?こういった履歴書の写真の貼り方1つで合否を変えるとまでは言いませんが、多少関わってくる可能性もあるので、より丁寧に綺麗に貼れることに越したことはないでしょう。履歴書の写真の貼り方はいくつかあると思いますが、代表的なのはのりでしょうか?

のりで履歴書に写真を貼るのはおかしいとは思いません。しかし、場合によっては汚くなることもあるので、のりの量などに気をつけながら使って欲しいと思います。結果的に綺麗に貼れているのならば、のりでもテープでもそれ以外でもOKではないか?と思いますけどね。私はテープを使って貼ったことはないです。写真自体がシールになっている場合もあるので、そういったものはそのままシールを剥がして貼っていました。

証明写真とかはそのタイプが多いです。しかし、そういう貼り方をすると後ろに名前などを書きづらいという問題もあります。履歴書の写真などは剥がれる可能性もあるので、剥がれたときに誰の写真か?分かるように裏に名前、大学名などを書いておくと確実なんです。公務員試験の場合には受験番号もですね。

そういったことができるのはのりか両面テープになるのではないでしょうか?だから、履歴書の写真はのりか両面テープを使うと良いと思います。履歴書の写真は両面テープが貼りやすいというのもあるかもしれませんが、家にない場合もありますよね。そのために買っても良いんですけど、履歴書の写真はのりを使っても綺麗に貼れるなら良いと思いますから、どっちでも良いというのは個人的な感想です。

履歴書の写真の貼り方のポイントとしてはやはり綺麗に、丁寧にというのがありますけど、手段としては履歴書の写真は両面テープでものりでも良いと思います。どっちが貼りやすいか?どっちが綺麗に貼れるか?どっちが手間がかからないか?など、いろいろな点から考えていけば良いでしょう。就活や公務員試験では履歴書に写真を貼る機会がありますけどのりでも両面テープでも良いですが、履歴書の写真の貼り方がとにかく見た目で綺麗に見えるように心がけていきましょう。これで直接合否が分かれるとは思いませんけど、何らかの影響がある可能性もありそうなので。

公務員試験の面接では特定の学部が有利や不利になることがあるのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動においては特定の学部が有利で、特定の学部が不利といったことが言われることがあります。文学部が特に就職は不利とか言われることもありますけど、そう言われている理由はいろいろとあるんですが、本当に不利か?どうかは定かではないです。企業によりけりな部分もあれば、就職で能力を発揮しづらい原因が文学部にあるのか?内定を貰いづらい学生が文学部にたまたま多いのか?など、結論は簡単には出ません。

公務員試験でも同じようなことはあるのか?というと、あまりないんじゃないですか?筆記試験において、出身学部によって有利、不利が生まれることはあるかと思いますけど、面接試験においては聞いたことないです。議論されていないんでしょう。議論されていないということは、そういうことを気にしたことがないという人が多いということではないでしょうか?

学部によって公務員試験の面接に有利や不利があると感じたことがないか?そういった発想がそもそもないか?などが考えられます。公務員試験ではそもそも大学名自体もほとんど有利、不利を生まないと言われていますし、そうなれば当然学部も公務員試験では有利、不利には関係ないという結論になるでしょう。

実際どうなのか?は分かりませんけど、大学の学部によって公務員試験の面接で不利になるということはまずないと思われます。逆に特定の学部で公務員試験の面接で有利になることもあまり考えづらいです。ただ、学部で学んだことを自己PRなどで話して、それが評価された場合には有利になるということもありえると思うので、この場合には特定の学部が公務員試験の面接で有利になるということも言えるかもしれません。

ただ、自己PRで大学の勉強を話す人はあまり多くないかもしれないです。さらに大学での勉強を話す機会があれば、それは大学でどんなことを学んでいましたか?といった質問にもなるかもしれません。この場合、説明が難しい内容を学んでいる学部は相対的に面接官へ正確に伝えるのが難しいため、それによって相手が理解できずに評価が下がるというか、特定の学部が公務員試験の面接で不利になるということはあるかもしれないのです。

公務員試験の予備校の模擬面接は無制限という言葉の裏に隠されたもの

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の予備校に通うと、模擬面接を受けられるところが多いですね。ただ、高い料金が必要なコースとかに入らないと模擬面接は受けられないこともしばしばあると思いますけど。でも、そういうコースに入っても模擬面接は不自由を受けることもあります。多くの予備校は一定のコースに入れば模擬面接は無制限で受けられるということを言っています。

無制限と聞くと、すごいサービスにも思えますし、何回でも受けられるってことになりますが、当然ですが事実上の制限は存在します。それが何回か?が問題なんです。これは予約の仕方とかにもよるので、一概には言えませんが、面接試験が近づく時期になると、受講生から予約を受け付けて、予約をした日に模擬面接を受けることになります。

その予約がどれだけとれるか?が問題なのです。全然とれない可能性もあります。当たり前ですよね。面接試験の時期っていうのあは、みんな共通なので、電話が殺到するんですよね。だから、予約は予想以上にとりづらくなり、無制限とは言いつつも、ほとんど受けられないケースもあります。論文の添削みたいに一年中やっているサービスとは違います。論文の添削は予約とか必要ないですけどね。

だから、そういう部分もあると思うので、これから公務員試験の予備校に通おうと思っている人はそこを気をつけてほしいと思います。無制限と言っても、制限があるのは当然ですけど、実際に何回受けられるのか?が問題なのです。有名な予備校だと受講生も多いので、受けられても5回とか、少ないと1回や2回とか、そういう感じになるかもしれないのです。どういう体制で予約を受け付けているか?にもよりますが、無制限という言葉には裏があるというのは知っておいた方が良いでしょう。

模擬面接は公務員試験に受かるために、非常に重要な対策ですけど、その対策が十分にできる受験生は意外と多くないかもしれないです。少ない回数でもやらないよりはマシだと思いますから、そこに意味を見出して予備校に通うのはありだとは思いますけどね。公務員試験の予備校の模擬面接については、通い始める前に少し考えておいた方が良いこともあるということです。