_ 2016年07月 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

民間の就職に加えて公務員試験も大学院は不利になる?就職しにくい?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験は大学院まで行くと不利になるのでしょうか?筆記試験は関係ないにしても、面接試験になると少しは関係してくる可能性はあります。民間企業の就職活動では、特に文系の大学院は就職に不利と言われています。文系の大学院の人が就職できないということはないものの、何らかの不利を被っている可能性があるのは事実でしょう。

しかし、公務員の場合にはどうなんでしょうかね?それを考えるうえではある前提条件が必要です。それは年齢が上がれば不利になるのか?という点です。それが事実ならば大学院は公務員試験で不利になる、合格しづらいということが言えるかもしれません。一般的に公務員試験は高齢ほど不利と言われています。言われているだけで、実際どうなのか?不利に扱うのか?は分かりません。

しかし、その前提が仮に成り立つならば、大学院生は大卒の人間と比べて年齢が上なので、不利になる一要素を持っていると言えるのです。これは単純に年齢が上だから大学院の人が就職で不利になるというよりは、年齢に応じたものを求められているため、大卒の人間よりも受かるためのハードルが高い。それが結果的に大学院が就職しにくい理由になっているのかもしれません。これは文系の大学院が就職しにくい理由ですね。理系はまたちょっと事情が異なるかもしれません。

大学院の人が就職できないというか、不利になる理由があるならばそこが大きいのでしょう。年齢によって採用のハードルが高くなっていると。そして、それは公務員試験においても同じことが言えるということでしょうね。公務員試験においてはどこまで年齢を気にしているのか?関係あるのか?は不明ですが、大学院生は年齢が大学生よりも上になるということで、そこは1つ違いになります。

公務員試験においても就職活動においても大学院が就職が決まらないとしても、年齢の部分が作用してのことか?は分かりません。落ちた理由右派教えてくれませんから。でも、落ちた人としては年齢の部分が原因なんじゃないか?と考えてしまうことはあるでしょう。結論から言うと、年齢による有利、不利が生まれるという前提ならば公務員試験も就職も大学院の人は不利になる、就職しにくいと言えるのかと思いますけど、その前提条件が確実に存在するとは言えないので、難しいところです。

公務員試験では指定校推薦、AO入試、公募推薦などは面接で不利になる?関係ある?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ



公務員試験においては面接試験が肝心で、民間企業もそれは同様だと思いますが、最近の傾向として民間企業では面接時に大学入学の経緯というか、方法を聞く機会があるみたいなのです。主に一般入試か?それ以外か?ということみたいですけどね。だから、一般入試以外の方法で大学に入った人は不利になるんじゃないか?という憶測も出ており、その真相が気になるところでもあると思います。実際、関係あるからこそ聞いているのでしょう。

仮に大学に入った方法と面接の合否が関係あるとしても、嘘をつけば分からないので、意味のある質問なのか?どうかは気になるところです。民間企業では少なくとも一部の会社は一般入試か?指定校推薦や公募推薦、AO入試か?という部分を気にしている、それを合否の判断材料にしているところが一部あるようですが、公務員試験はまず関係ないと思われます。

というか、こういう質問自体をまずしないでしょう。どこかで聞いているところはもしかしたらあるかもしれませんけど、私はそういう報告を聞いたことがないので、多くの自治体は聞いていないのではないでしょうか?そういう質問をすると、また差別とか言われかねませんから。公正な採用をより求められる公務員試験では聞かれる可能性自体が少ないと思います。でも、入試の方法自体は聞かれないですけど、大学名自体が何らかの影響を与えている可能性はあるかもしれないのです。

公務員試験の面接カードにはだいたい学歴を書く欄があると思いますから、そういったところにどうしても大学名を書くと思うので、そうなると結局採用側に大学名は伝わるため、その印象っていうのが何らかの影響を与えている可能性は否定できないでしょう。採用側は大学名とかの学歴などは合否には関係ないと言っているところもありますけど、関係ないのにそういう欄が存在する意味が分からないですし、影響度0と言われても説得力ないでしょう。絶対に目に入ってくる情報ですから。

公務員試験は民間企業ほどの学歴とかを重視する傾向はないと思われます。しかし、全く無関係と言ってしまうのもまた違う気がします。基本的には面接の内容次第で合否の結果が大きく変わるということになりますけど、その面接の内容の中にもいろいろな要素が入り込んできます。事前に記入する面接カードの内容も当然影響するとみた方が良いでしょう。そこに書いてある内容はすべて面接官の脳裏に何らかの影響を与えるとみた方が良いと思うのです。

神奈川県秋季チャレンジの採用予定者数、募集人数は多いが受かるのは難しい

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


神奈川県秋季チャレンジは、補助的な採用枠になっている感もありますけど、結構募集人数が多いです。神奈川県秋季チャレンジは毎年数十人の採用予定者数を発表しており、ちなみに2016年は40人です。神奈川県庁は地方上級の時期には120人を募集しているので、こちらと比べたら少ないですけど、でも神奈川県庁で新たに採用予定者数が40人分増えたとなれば、大きいですよね。

地方上級の中には50人くらいしかそもそも採用しない自治体もありますから、そう考えると神奈川県庁の120人という募集人数はすごいと思いますし、また別の時期に40人も新たに募集するというのは、大きな自治体ということを実感するでしょう。神奈川県秋季チャレンジの採用予定者数は40人くらいが毎年見込まれると思いますけど、でも倍率は高くなっています。

時期が時期だけに、すでに内定を手にしている人も多くいますが、神奈川県庁という大きな自治体に採用されれば、すでに内定を手にしたところよりもそっちで働きたいと思っている人がいて、チャンスと見て応募してくる人が多くいるのです。だからこそ、神奈川県庁の地方上級の時期の倍率よりも、神奈川県秋季チャレンジの倍率の方が高くなっているようです。

地方上級の時期は別の自治体とかぶっていますから、それによって受験者数が抑制される効果があるでしょうけど、神奈川県秋季チャレンジはそういうのがないので、独立日程でやっているので、それが倍率を挙げる要因と言えると思います。だからこそ、神奈川県秋季チャレンジは受かるのは相当難しいです。筆記試験から超難関と言えると思います。

神奈川県秋季チャレンジは採用予定者数が多いので、チャンスはあるものの、逆にチャンスが多いと思って多くが受けに来るため、逆に受かるチャンスは狭まるという感じでしょうか。神奈川県秋季チャレンジの募集人数は毎年変動があると思いますけど、毎年30~40人くらいは募集されるのではないか?と思います。

面接官がニコニコしたりニヤニヤしたら良い兆候?苦笑いは不採用、落ちるフラグか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や民間企業の面接では、面接官の仕草1つで受験生も不安になることがあるでしょう。面接中に面接官がニヤニヤ、またはニコニコし始める瞬間がもしかしたらあるかもしれません。または面接官が苦笑いってケースもあるでしょう。苦笑いってあまり良いイメージないですよね。面接官が苦笑いをすると落ちるフラグか?というと、そうとも限りませんけど、面接官の心情を察知すると、微妙な感じを連想する人も多いと思います。

しかし、面接官がニコニコしたりニヤニヤするというのは、悪いイメージではないと思います。むしろ、良い感じのときもあるのではないでしょうか?面接官がニコニコまたはニヤニヤしているシーンがあると、それはそれで気持ち悪いかもしれませんけど、=悪い兆候ではないと思うので、面接官の心情は正確には察知しかねますけど、これは興味や関心、または期待を抱いている状態じゃないか?と思います。

全てがそうとは言いませんけど、そういう状態で受験生を見ている面接官もいるのではないでしょうか?先ほど言ったような面接官が苦笑いをするような状況は個人的にはあまり良い兆候には見えませんけど、面接官がニヤニヤまたはニコニコするのは、演技じゃないという前提に立つと、割と良い兆候かな?という部分もあると思います。

実際問題としてはニコニコとニヤニヤと苦笑いを正確に見極めることができない場合もあるので、それがどれに当たるのか?が分からない場合にはどうしようもありませんから、受験生としても困るとは思うんですよ。しかし、公務員試験や就活の面接官がニコニコしている、ニヤニヤしていると思ったら、割と良い兆候かもしれないと自信を持ったほうが良いかもしれません。自信がないないよりはあった方がその面接にも良い影響を与えると思うので。

面接官の言動や仕草は1つ1つが心理的影響につながる場合もありますけど、良い影響なら良いのですが、そうじゃない場合もあって、それで面接の合否が左右されてしまうと、あまり良い状況ではないですから、気にしすぎないことも重要だと思います。面接官が苦笑いをしたら不採用フラグというわけではないでしょうけど、あまり良い兆候ではない気がします。でも、そういうのを気にするのは、できるだけ面接が終わってから、面接中は面接に集中して、面接官のニコニコやニヤニヤの表情に気付かないくらいが本当は良いのかもしれないです。

理系が公務員試験の事務職には受からない?無理?面接で不利になるのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験を受けるのは、多くが文系の学生だと思います。技術職とかになると話は別ですが、理系の学生が事務職、行政職の採用試験を受けることは相対的に少なくなるかと思います。では、理系は事務職の公務員にはなれないのか?不利になるのか?というと、そうではないですね。1番気になるのは面接だと思うんです。筆記試験は特に関係ないですから。

面接試験で理系の理系大学や理系の学部出身の学生がいた場合、面接官の質問が文系の学生とは異なる可能性があります。それはどうしてか?というと、理系が事務職の公務員試験を受けるのは相対的に少ない、珍しいからでしょう。日本っていうのは、どうしても同調圧力が強いといわれる側面もありますから、珍しいものに関しては異質なものという認識なのでしょう。

したがって、理系の人が受けにきたらいけない理由はありませんけど、理系の学生が事務職の公務員試験を受けることは珍しいため、それについて質問をされる可能性もあります。つまり、「何で技術職ではなくて事務職なのか?」ということです。こういった質問は個人的には聞く意味があるとはあまり思えないですね。別に理系の人が技術職を受けないといけない理由もなければ、事務職を受けるのがおかしい理由も特にないからです。

でも、現実的には聞かれる可能性があるので、その点において理系の人は公務員試験の事務職を受けるのは不利になるかもしれないということになります。理系の人はこういった特別な質問への対策をしないといけないという意味ではちょっと大変かもしれませんが、理系の人が公務員試験の事務職に受からない、無理というわけではないです。

実際に理系の人の公務員試験の事務職の合格率みたいなデータがあれば良いんですけど、それは見つからないでしょうけど、文系の場合と差があるかもしれませんが、それは理系が公務員試験の事務所には無理ということではなく、不利になるかもしれないということです。公務員試験の事務職に理系が不利になる可能性はあるものの、それは大した不利じゃなかったりする場合もありますし、文系だって簡単に面接に受かるわけじゃないので、大変なのはどっちも一緒という言い方もできるかもしれません。

公務員試験の筆記試験は私立大学よりも国公立大学の出身者が有利か?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験は一般的に私立大学出身者よりも国立大学出身者の方が有利と言われています。それは主に筆記試験においてですけど、国立大学出身者の方がより多くの科目を勉強しており、かつ文系科目、理系科目どちらもやってきた経験があることから、公務員試験の筆記試験の教養試験において有利になりやすいと言われているのです。

私立大学出身者は一般入試でも通常は3科目が多いですし、一般入試以外で入ってくる人も多くいますから、その点においてやっていない科目が多いというのが国公立大学出身者と比較してあるのです。国公立大学でも一部推薦とかありますけど、そういった人を除けば、国公立大学出身者の方が多少ですけど、有利になると言えるかもしれません。

公務員試験の勉強を始めるころにはもう当時のことは忘れているというケースもあるかもしれませんけど、1度でも本格的にやっているのとやっていないのでは違いますから、やればすぐに思い出す可能性もあります。だから、教養試験に関してはトータルの勉強時間が少し少なくて済むので、専門試験や論文試験などに時間を多く使えるなどのメリットもあります。

私立大学出身者でも、国公立大学が第一志望だったという人ならば、そのための勉強をしてきたでしょうから、その分多少は有利になれるということになると思います。でも、筆記試験は難しいところはともかく、それ以外の試験種は勉強をすれば合格の望みはありますから、そこまで差はつかないかもしれません。結局、勉強時間を増やしたり、効率化を実践すればカバーできますし。

それに公務員試験は筆記試験よりも二次試験以降の人物試験が難易度が高く、こちらがより難しいと感じる人も多いと思います。筆記試験は時間をかければ徐々にできるようにはなっていくと思うのですが、面接試験とかは攻略法が確実なものとしては存在しないので、非常に難しいということは言えると思います。そのため、二次試験以降は平等というか、むしろAO入試や推薦入試で大学に入った人の方が公務員試験の面接は有利になるかもしれません。